肩疾患の問題解決講座

【脊柱アプローチクイズ!】IAIR認定B-class脊柱2講義の予習にいかが?

みなさん、こんにちは。IAIR関東地区代表の齋藤信です。
今週末、関東認定講座の脊柱2が開催されますね。

脊柱1の内容を思い出してもらうように、
穴埋めクイズ形式でいきましょうか!

 

脊柱1の穴埋めクイズ!

  1. 脊柱テクニックの流れは、「(1)」→「(2)」→「(1)」の流れで行う。
  2. テクニックを「(3)」回行い「(4)」がない場合、「(5)」を行い、その後「(6)」する。
  3. C1の触診は、「(3)」つの指使いを使い分ける。変位に「(7)」、回旋に「(8)」、触り辛い時は「(9)」。
  4. C2以下の棘突起のサイズは、「(10)」「(11)」「(11)」「(11)」「(12)」「(12)」の順番になっている。
  5. C4を特定したい時は、「(13)」と「(14)」、「(15)」と「(16)」の「(17)」をみつけ、「(18)」と「(19)」を特定した方が早い。
  6. 胸椎の指標は「(3)」つ。「(20)」でTh2~3、「(21)」でTh7~8、「(22)」でTh10~12。*あくまで指標。個人差があるので必ず「(23)」して特定すること。
  7. 腰椎の指標は「(24)」つ。「(25)」で「(26)」「(27)」間。「(28)」を特定し「(29)」の棘突起を「(30)」する。
  8. 次回のTuneUpセミナーまで練習してくる宿題として「(31)」の注意点を「(32)」つ。「(33)」を締めない、「(34)」との距離、「(35)」の傾き、自分の重心を「(36)」の中心に。

さて、練習生の皆さん、思い出してきましたか?

思い出せない?
それは困ったな。

では、一応、選択肢も書いておきましょうか。

********************************

  • 1、2、3、4、5、6、7、8、9、0
  • C1、C2、C3、C4、C5、C6、C7
  • L1、L2、L3、L4、L5
  • 骨盤、脊柱、肩甲骨、肩甲棘内縁、上角、下角、剣状突起、肋間筋、
  • ヤコビー線
  • 触診、じんわり、変化、再確認、段差、治療姿勢、
  • 他のテクニック、点、面、大、中、小
  • 頭、肩、脇、手、足、口、相手、支持基底面

********************************

使わない選択肢もガッツリ入れちゃいます(笑)

意地悪?
意地悪かな~。

いずれにせよ、復習&予習用でございます。

これらを見て、週末までにしっかり練習して来てくださいね。

 

皆さん、会場でお会いしましょう!!

IAIR副会長 臨床共育メンター® 齋藤信
IAIR副会長/関東代表

作業療法士 齋藤 信

追伸1:週末の会場はこちら!

https://iairkanto.jp/b-access/

B-class会場情報

追伸 2

もし、今回の内容で興味を持ってくれたなら、是非ご受講ください!
10月からでも、他の地区でも脊柱セミナーを開催します!
『リハビリの臨床で確実な結果が出せる脊柱の評価と治療』

http://iairjapan.jp/spinal/

 

追伸3:歩行やトイレ動作のリハビリで悩む方へ

新人さん、部下同僚で歩行やトイレ動作のリハビリで悩む方はいませんか?
関東では毎月問題解決のための講義を開催中です!

今回初となる、PTさん、OTさんの参加を限定し、同じ悩みを共有し、解決していく講義といたします。

そして8月11、12日(土日)は基本動作分析から見る体幹の問題に対する触診・臨床的評価と解釈・アプローチ法を開催します!

あわせてご検討ください!

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。