肩疾患の問題解決講座

齋藤、ラーメン全部のせに挑戦するってよ。

ラーメン全部のせ

久しぶりに気軽に筆をとっております。
気軽に思うまま筆を走らせることの何と気持ちいいことか……

皆様、こんばんは。
IAIR副会長&関東代表齋藤信(さいとうまこと)で御座います。

明日、関東情報5月号のフライングになるかもしれませんが、少しばかり原点回帰をして見ることにしました。
ですが、これまでの原点回帰と違うことがあります。

それは……ラーメン全部乗せをしてみようかと。

何を言っているのかわからないかも知れないが……まずは聞いてほしい。

 

過去を振り返ると、一番時間をかけていた

先日のIBF基礎講座1日目……この2018年は関東が第一回目だったこともあり、森本会長襲来!

何と、IAIRの会長と副会長の二人が一緒に講義というレアケースが発生!
本当なら、9月30日の統合リハビリテーションフェスタに取っておきたかったけど、まあ、それはいいや。

で、何と昼休み中、練習生の皆さんそっちのけで(いつもは一緒にお話ししながら昼食にしているんですよ)、リハビリにおける統合と解釈談義になってしましました。

当日参加された第7期Sクラス練習生の皆さん、申し訳ない!

ですが、おかげさまで、これからの療法士に向けて発信する内容と対象が定まりました。

過去、学生指導と、新人教育に比重をおいていたことを思い出しました。
様々なマネジメントスキルを習得、実践し、海外の脳科学的学習法を手に入れてきたのも、元々は学生指導で悩んでいたから。
より良い方法でリハビリを考え、実践していくためだったのです。

 

管理職は勉強してそうでしてない

自身のキャリアアップとともに対象とする方の層を管理職、経営者まで上げてきましたが、現場の管理職はそこがゴールであるかのように勉強しない。

統合と解釈押し付けられた役職という人もいて、そんなものの為に時間を使いたくないそうだ。

もっと患者さん、クライエントさんだけを見ていたいとボヤキ声が聞こえてきました。

そりゃあ、休みは寝てたくなるし、家族が増えてる年齢層だから家族サービスしたいよね。

この数年、IAIRに若手が集まっていたこともあり、その若手がもっと気持ちよくリハビリできるよう、管理職を変えようと努力しましたが……うん。

無理!

ってことで、暖簾に腕押しな人たちを相手にするのはやめます。

あ、誤解のないように行っておきますけど、やる気のある人は大歓迎です。
ぜひ、臨床共育TVなどに参加していただき、一緒に現場を変えていきましょう!

 

やめてどうするって?もちろん……

先程言った通り、原点回帰。

新人教育&学生指導!

まあね、元々「臨床共育」だってその為の思考法だし。
もっと現場で使えるように仕組み化をして行くとか、色々考えていきたいところ。

でも、これまで通りにやっていると、うまく行かないワケです。

なぜって、みんなと同じく、「点」で物事を組み立てていたから。

だから、コレなんです!

ラーメン全部のせ

ラーメン全部のせ。

 

ラーメン全部のせ転じて……

つまりは、コレまでやってきたことを統合します。

統合して、一つのカタチにしてみます。

確かに齋藤はコレまで……

  • 作業療法塾
  • 作業療法学生の虎の巻、書籍刊行
  • 介護技術インストラクター
  • 医療の質管理ファシリテーター
  • 教育委員会委員長
  • リハ科管理職
  • IAIR創設メンバー
  • カリスマ講師養成クラブ(現インタメクラブ)認定講師
  • エンタメプレゼンマスター&認定講師
  • 感動プレゼンマスター&認定講師
  • マインドマップインストラクター
  • 速読術インストラクター
  • 記憶術インストラクター
  • セロトニントレーナー

などなど……色々なことをしてきたものです。

よく見ると、やはり……と言うか、教育に携わることばかり。

それらが今、IAIRの認定講座を通じ、これまで書き綴ってきたIAIRマネジメントTEAMコラムも加わり……

もうすぐ形になります。

まさにラーメン全部のせ!
でも、混ざって変なものになるのではなく、リハビリの現場で使えるようにブラッシュアップします!

楽しみにしててくださいね。

 

っと、とりとめもない話になってしまいましたね。

一番直近では、5月20日にテスト講座の形で開催するので、東京近郊にお住まいなら、参加しにきてくださいな。

ストーリーセラピー入門講座

 

今こそ、EBMとNBMがStoryで繋がる時です。

ICFをもっともっと解釈して、現場で活かせる……いやいや、今日はここまでにしておきましょう。

 

また改めてお伝えしますね。

今後ともよろしくお願いします!

副会長齋藤信
IAIR 副会長 齋藤 信

 

 

ラーメン全部のせ

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。