基本動作分析から見る体幹の問題に対する触診・臨床的評価と解釈・アプローチ法

今こそ、スタッフ教育のタイミング!【管理職の学校】(23)

今こそ、スタッフ教育のタイミング!【管理職の学校】(23)

年度末となり、改定も控え、慌ただしくなっている今。この今だからこそできる事がある。それがスタッフ教育。新年度には新人が入る現場もあれば、改定の影響を大きく受ける現場もある。一言で言えば、変化の時期だ。この変化の時期にあわせて行えるスタッフ教育を少しだけ紹介しよう。

続きはこちら>>>https://iairjapan.jp/archives/14824

https://iairjapan.jp/archives/14824

 

 

IAIR副会長齋藤信
IAIR副会長 作業療法士
齋藤 信

IAIR今月の各地区研修予定表

IAIR今月の各地区研修予定表はこちら。全国の情報が網羅されている。
>>>https://iairjapan.jp/seminnerall

講義内容から確認したい?

講義内容から新入職員研修をチョイスしたいならこちら。
>>>https://iairjapan.jp/license

もちろん、IAIR一番のオススメ講義は、B-class認定講座だ。
>>>https://iairjapan.jp/iair-course-info

 

今こそ、スタッフ教育のタイミング!【管理職の学校】(23)

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。