肩疾患の問題解決講座

肩のアプローチに自信がない、、、そんなあなたへ

肩の痛み

皆さんこんにちは。

IAIR関東認定インストラクターOTの菊入です。

今回は肩関節のアプローチに「ちょっと自信がないな…」と思っている、そんなあなたへ

以前にも少しだけ紹介しましたが、肩関節に痛みのある方の見るポイントをご紹介したいと思います。

 

そもそも、肩関節は?

  1. 肩甲上腕関節(第1肩関節)
  2. 第2肩関節
  3. 肩鎖関節
  4. 胸鎖関節
  5. 肩甲胸郭関節

で主に構成されている複合体の構造をしています。

さらに、椎間関節胸肋関節、肋椎関節も肩関節の機能的な運動に影響してきます。

また肩関節は股関節のような骨構造的な安定性を持たず、筋などの軟部組織によって、その安定性を作り出しているので大きな可動域を持ち、自由度の高い動きが可能になっている関節なのです。

これらの要素が互いにカバーしあいながら、機能していますので不調をきたしているときにはいろいろな箇所で問題が起こっている可能性があります。

つまり、痛みが出ているところ以外が問題になっていることも…

だから、闇雲なROMexやストレッチでは効果がでないんです。

 

肩以外にも注目する

痛みの出ている肩甲上腕関節や肩甲骨だけでなく、上記に挙げた肩関節に影響するポイントで患者様(利用者様)の体がどうなっているのか見ていくと、問題点を把握し、整理しやすいですよ~。

例えば、肩甲骨の動きが固い場合にも胸郭が固く、椎間関節や肋椎関節の硬さが原因だったりすることがあります。

皆さんも患者様にアプローチする際に試してみてください。

 

作業療法士 菊入

追伸:肩への簡単なアプローチ法

今日の内容を見て、

  • もっと簡単なアプローチ方法はないの?
  • 評価のポイントもそうだけど、どこをどのようにやるのかもっと具体的に教えて!

という方、実は今日ご紹介した内容とアプローチを分かりやすくフォーマット化したものがあるんです。こちらから見てみてください。
>>>https://iairjapan.jp/experience/shoulder

 

 

肩の痛み

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す