【OT限定】トイレ動作時に必要な体幹機能の評価とアプローチ法

トイレ動作にも必要な立位バランス

みなさんこんにちは

IAIR認定インストラクター

OTの菊入です。

OTとしても取り扱うことが多いトイレ動作ですが、

トイレ動作を行う上で立位はかなり重要ですよね?

しかも、静的な立位だけでなく、下衣操作などで重心が変化するため、

動的な立位バランスが要求されます。

さて、皆さんは下衣操作でふらついてしまうそんな方に対してどのように、評価、アプローチを行いますか?

「そもそもバランスって何ですか?」という方は

こちらもご覧ください>>>OTも知っておきたいバランス評価のポイントhttps://iairkanto.jp/otk46/

 

バランス能力は色々な要素によって構成されており、評価をするときに気をつけないと

的外れなアプローチになってしまうことがあります。

 

今回は重要な要素の一つである【感覚】について着目しながら、
評価とアプローチの一例を紹介してみたいと思います。

 

評価

体性感覚がバランスに影響しているかを見る評価として
自分はスクリーニング的にロンベルグ試験を行います。

ロンベルグ試験は簡単に言うと、開眼と閉眼で立位保持を行い、
閉眼で視覚の代償をなくして

立位の姿勢制御における体性感覚(固有感覚)の状態をみるテストです。

(詳しくは教科書などを見返してみてくださいね。)

こうすることで、その方の立位での姿勢制御の異常に
体性感覚が関わっているかを見分けることが出来ます。

これに問題がなければ、体性感覚の影響は少ないという判断になります。

 

そして、異常があった場合は必要に応じて、各関節の運動覚や位置覚など
評価を行っていきます。

厳密には前庭感覚の影響もありますが、今回は割愛します。

 

アプローチ

評価の結果によりアプローチは変わってきますが、
今回は足部に着目してお話ししていきたいと思います。

 

足底はメカノレセプターと言われる機械受容器が豊富に分布し、
重心の変位に伴う、圧力の変化をモニタリングし、感覚情報を送っています。

この為、皮膚が硬くなったり、アライメントが崩れてしまったりすると、

この感覚情報の入力が上手くいかなくなり、立位姿勢の制御に問題が出てしまいます。

また、足底腱膜を介してアキレス腱とつながり、腓腹筋など下腿三頭筋に影響しており、

固くなると腱紡錘や筋紡錘の反応が悪くなることで、深部感覚が入力されにくくなります。

簡単なアプローチとしてはゴルフボールなどで足の裏を刺激してあげることです。

こうすることで、皮膚のゆるみが出たり、足底腱膜を介して
腓腹筋などの下腿三頭筋が緩んでくることが期待できます。

また圧刺激や振動刺激を入れ、固有感覚の閾値が調整され、感じ取りやすくなってくれます。

 

皆さんも患者さんの足部を見てみてくださいね。

 

参考文献

板場英行、石井慎一郎 訳 アナトミートレイン徒手運動療法のための筋筋膜経線第三版 2016

 

セミナー情報

『トイレ動作に必要な体幹機能の評価・アプローチ法』では、

1つの評価方法と4つのアプローチ方法をお伝えすることで、トイレ動作に必要な身体基盤を整えることが可能となります。

臨床で悩んでいる作業療法士の皆さん、体幹機能について学び、トレイ動作獲得の糸口を掴んでみませんか?

詳細は以下の通りです。

日時:2018年7月15日 10時~16時

会場:成増アクトホール 5F和室【板橋区成増3-11-3-405】
http://ticket-search.pia.jp/pia/venue/venue_access_map.do?venueCd=NRAH

費用:8,640円(税抜き)

定員:40名

【日本作業療法士協会生涯学習ポイント対象講義(2日間で2ポイントの対象講義となります】

申し込みはこちらから

https://www.0553.jp/eventpay/event_info/?shop_code=4039511759765446&EventCode=8222702047

【講義内容】

  • ・立ち上がりに必要な体幹機能
  • ・体幹機能の評価と解釈(Finger floor distance (FFD) 検査)
  • ・体幹に影響を及ぼす3つの原因(上肢・下肢・体幹深層筋)
  • ・問題点に対するアプローチ法

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

IAIR認定インストラクター
菊入敬太

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す