肩関節の問題で軽視されがちな骨?

肩こり

 

皆さんこんにちは。

 

さて最近は肩関節の問題について色々と触れてきましたが、

 

今日は今まであまり取り上げてこなかったところを紹介したいと思います。

 

それは、

 

鎖骨です。

 

なぜ、鎖骨を取り上げるかというと、

 

肩甲胸郭関節や肩甲上腕関節に埋もれて、鎖骨の重要性を見逃しがちだからです。

 

 

 

肩甲骨の動きに影響するのは肩甲胸郭関節だけではないですよね。

 

肩鎖関節、胸鎖関節がもし仮に動かなかったら、肩甲骨も動けなることは

なんとなく想像できるのではないでしょうか?

 

 

では、鎖骨はどんな骨で、どんな動きをするのでしょうか。

復習していきたいと思います。

 

鎖骨周辺の復習!

 

鎖骨はS字状(Z字状)に彎曲した形をしています。

また両側に運動自由度3の関節である胸鎖関節と肩鎖関節によって、

 

上肢と体幹を結ぶ唯一の骨性構造となっています。

 

 

胸鎖関節は鎖骨と胸骨を結び形状は鞍関節ですが、間に関節円板の介在で球関節の機能を持つ運動自由度3の関節になっています。

 

肩鎖関節は肩峰と鎖骨が結びついた関節で形状は平面関節ですが、不完全ながら関節円板が間に入ることで運動自由度3の関節となっています

 

このように鎖骨は動きの自由度が高く、前額面での挙上・下制 水平面での内転・外転、長軸回旋というような動きが複合して行われる関節です。

 

細かい可動域は文献によって違うようですが、

 

1)には胸鎖関節は

挙上:約45° 下制:約10°

水平内外転はそれぞれで15~30°

長軸回旋は40~50°の可動域があるとあります。

 

また鎖骨はその形状がS字(Z字)の様に彎曲していることで、

 

軸回旋(後方回旋)に伴い、遠位端がより挙上位となり

 

これによって効率よく肩甲骨挙上(上方回旋)が行える様になっています。

 

 

このように、鎖骨の動きは自由度が高く、肩甲骨の動きに大きく関与していますので、

 

よろしければ、臨床でも少し鎖骨(胸鎖関節、肩鎖関節)を意識してみてくださいね。

 

 

 

引用・参考文献
1)中村隆一 他.基礎運動学第6版.医歯薬出版株式会社
2)長島聖司 訳.分冊解剖学アトラス運動器Ⅰ.文光堂
 
 
 
 
 
 
 

追伸1:肩疾患に対して対応できるようになる徒手的アプローチ

見るポイントだけでなく、具体的なアプローチが知りたい方は

こちらのも併せてご覧ください。>>>https://iairjapan.jp/experience/shoulder

肩に対してのアプローチを考えるポイントや実際のテクニックをお伝えしているセミナーです。
シンプルにお伝えしていますので、新人さんからも「わかりやすく、明日から使えそう!」
という声をいただいております。

 

追伸2:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

 

追伸2:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
https://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairkanto.jp/info/

 

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

================================
メールマガジン【IAIRメルマガ】
発行責任者: 森本 義朗 (社)国際統合リハビリテーション協会
発行者住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
連絡先: http://iairjapan.jp
メールアドレス: info■■iairjapan.jp(■■を@に置き換えてください)
================================

※メルマガ配信 停止手続きについて:
こちらのメールマガジンでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしております。
コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対 応下さい。
配信停止をご希望され る方は以下のURLをクリックして下さい。

http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xmvmvm&a_mail=###mail###

*重要なお知らせが届かなくなる可能性もあります。ご注意下さい 。
誤って配信停止にしてしまった方は以下のページより再登録出来ます。

https://iairjapan.jp/mailmagazine
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2011 国際統合リハビリテーショ ン協会  Allrights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

肩こり

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す