膝疾患の問題解決講座

ADL訓練の幅が広がる!?OTが知っておくべき1つのポイント

皆さんこんにちは

 

IAIR関東支部認定インストラクター

 

OTの菊入です。

 

 

 

 

さて、突然ですがOTの方に質問です。

 

【ADL訓練の幅が広がる!? OTが意識するべき、ある1つのポイント】

 

皆さんなんだと思いますか?

 

 

 

 

私が考えるその一つのポイントは

 

 

「安定性」です。

 

 

 

 

なぜ安定性なのか、

皆さんもこんな言葉を聞いたことがないでしょうか?

 

 

「中枢部が安定しないと末梢は上手く動かせない」

 

 

そうなんです。

安定した部分があるから、ADL動作などで上肢や下肢がうまく動いてくるわけです。

 

 

ここで注意しなければいけないのが、「固定性」「安定性」違うぞ!ということです。

 

例えば可動域制限や筋の短縮(固定性)があり、ある一定の姿勢を保持できるからと言って

 

【安定している】とは言えないですよね?

 

そういった場合、手を動かしたり、足を上げたりした時に重心が移動し、倒れてしまいます。

 

ですから、柔軟性と共に、適度な筋緊張が必要なんです。

 

ではどうすればいいのか

 

いわゆる体感や姿勢は元々無意識下でコントロールされているものなので

意識的にインナーマッスルなどを鍛えることなどでは、あまり効果的でない場合がありますし、

逆に固定的に体を使ってしまう場合があります。

 

 

 

なので、可動域制限や異常な筋緊張を改善し

支持基底面しっかりと作ると共に、深部感覚が入りやすくなるよう働きかけることで

無意識下での姿勢のコントロールが促通されるようになります。

 

具体的なアプローチをこちらのセミナーでお伝えしています。
↓↓↓
>>>新人が臨床で結果を出すための徒手アプローチ講習会

 

私は、こちらのセミナーのテクニックである脛腓関節の調整を用いることで、

トイレでの下衣操作時に立位が不安定だったご利用者様の立位が安定し、

自力での下衣操作が可能になった事例がありました。

 

下肢や体幹の安定性を意識できるようになると

アプローチの幅が広がりますよ~

 

それではまた次回お会いしましょう~

 

 

 

追伸1:

安定性が獲得出来たら、末梢もしっかりと動かせるように
上肢のアプローチも大切ですよね?

OTが良く遭遇する肩の問題に特化したセミナーが開催されます

肩疾患に対する徒手アプローチ講習会

日時:2018年2月11日(日) 10 : 00 ~ 16 : 00
よろしければご検討くださいね 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

国際統合リハビリテーション協会

認定インストラクター

菊入敬太

 

追伸1:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

 

追伸2:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
https://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairkanto.jp/info/

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

================================
メールマガジン【IAIRメルマガ】
発行責任者: 森本 義朗 (社)国際統合リハビリテーション協会
発行者住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
連絡先: http://iairjapan.jp
メールアドレス: info■■iairjapan.jp(■■を@に置き換えてください)
================================

※メルマガ配信 停止手続きについて:
こちらのメールマガジンでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしております。
コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対 応下さい。
配信停止をご希望され る方は以下のURLをクリックして下さい。

http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xmvmvm&a_mail=###mail###

*重要なお知らせが届かなくなる可能性もあります。ご注意下さい 。
誤って配信停止にしてしまった方は以下のページより再登録出来ます。

https://iairjapan.jp/mailmagazine
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2011 国際統合リハビリテーショ ン協会  Allrights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す