【PT限定】歩行時に必要な体幹機能の評価とアプローチ法

『この歩行のどこをみてどうアプローチしますか?』

療法士が避けて通れない動作分析。
そして患者様の主訴として多い「歩けるようになりたい」
皆さんはこの動画の方の歩き方を分析してどこにアプローチしますか?

歩行分析で見るポイントは大きく3つ

歩行分析で見るポイントは大きく3つあります
それは

  1. 肩甲帯
  2. 骨盤
  3. ロッカーファンクション

 

この3つです。

なぜならこの3つが歩行時の可動性と安定性に大きく関与しているからです。

肩甲帯をどうみる?

肩甲帯の評価のポイントは

  1. アライメント
  2. 動き

の2つです。
まず静的なアライメントを評価し、歩行時の動きを評価します。

骨盤帯はどうみる?

骨盤帯は

  1. 骨盤の動き
  2. トレンデレンブルグ

の2つを評価します。
動きに関してはまずポイントとなるPSIS(上後腸骨棘)を触診し、PSISが歩行時にどのくらい動くかを評価します。

次にトレンデレンブルグが出ているか出ていないかを評価します。
(実は健常者でも結構出ています。講習会で自分の歩行を分析してみてください)

ロッカーファンクションはどうみる?

最後にローカーファンクションです。

  1. ヒールロッカー
  2. アンクルロッカー
  3. フォアフットロッカー

の3つがありますが、歩行時に3つを同時にみるのは熟練が必要です。
慣れるまでは3つの中の特に重要な1つ。
〇〇ロッカーを評価します。

評価ができたら次はアプローチ

歩行分析ができてもアプローチができないと意味がありません。
評価で出てきた問題点にたいして徒手的なアプローチを行なっていきます。
肩甲帯→肩甲胸郭関節のリリース

骨盤帯→腹部ポンピングテクニック

〇〇ファンクション→ハムストリングスと下腿三頭筋間のリリース、立方骨のリリース

を行なっていきます。

歩ければいいのか?

歩行が改善されても、それがADLに反映されないと意味がありません。
そこでポイントとなるのが意識から無意識への変換です。

先ほどまでのアプローチは歩行を意識して行なっていました。
しかしADLでは歩行は意識的に行うものではなく、無意識で行なっています。
そこであるものを用いて無意識での歩行に落とし込んでいきます。
あるものはこちらでお渡しします。

まとめ

歩行分析でみるポイントは3つ

  1. 肩甲帯
  2. 骨盤帯
  3. ロッカーファンクション

それぞれに対してアプローチ方法は

  1. 肩甲帯→肩甲胸郭関節のリリース
  2. 骨盤帯→腹部ポンピングテクニック
  3. 〇〇ファンクション→ハムストリングスと下腿三頭筋間のリリース、立方骨のリリース

 

最後にADLで使える歩行にするためにあるものを使って無意識に落とし込む。

この過程を行なって目の前の患者様、利用者様の目的を達成するお手伝いをしてください!

まずは自分で歩行が変化するのを実感してみてください。
>>>臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す