膝疾患の問題解決講座

『何から評価していいかわかりません!』

掴む

みなさんこんにちは、IAIR関東地区インストラクター&療活委員長の大塚です。

4月も半ばを過ぎましたがみなさんの職場の新人さんは仕事に慣れてきましたか?
僕も自分が入職した時を思い出していたのですが、とにかく
「何をしていいのかわからない」
という思いがいっぱいでした。

まずこの職場で

「何をしていいのか?」

そして患者さんを担当してからも

「何から評価していいのか?」

おそらく学校や実習で教えてくれていたのでしょうが、出来の悪かった僕はまたく頭に残っておらず(←アホです)、初めて担当した患者さんの目の前で先輩療法士に

「何からみればいいんですか?」

と聞いたことことを鮮明に覚えています。(ありえないっす)

そこで今回は何から評価していけばいいかリハビリの流れをまとめてみます。

リハビリの目的は?

目的はズバリ、「社会復帰」です。相手の社会復帰の基準を明確にしましょう。
具体的には主訴とHOPEを聴き、「現在の主訴が改善したら何がしたいのか?」を明確にしましょう

次は動作分析

目的が明確になったら次は動作分析です。
分析する動作は生活で問題となっている動作(HOPEの妨げとなっている)です。
動作分析でみるポイントはまず大きい動きをする部位の動きに着目しましょう。
具体的に言うと、頭部、肩甲帯、骨盤帯、足部の4つのポイントです。

次に局所の現状を把握するための評価

動作分析で問題となっているであろう部位が大まかに特定できたらその部位が本当に問題なのか評価します。
基本は関節の動きなので関節可動域、筋力を評価しましょう。
ここでポイントは量的な評価と質的な評価を意識して行いましょう。
可動域であれば単純な角度を測定する量的評価にプラスしてend feelなどの制限因子、そこから考えられる原因も考えてみましょう。

問題点に対してアプローチする

評価で抽出された問題点に対してアプローチをします。
可動域制限であれば関節の問題ならモビライゼーション、筋不全であれば筋膜リリース、短縮ならばストレッチ、筋力低下であれば促通、運動学習であれば運動療法など問題点に合わせてアプローチしていきます。

機能の再評価と再動作分析

機能障害にアプローチしたらその機能が動作に反映されなければ意味がありません。
そこで問題となっている動作を再評価しましょう。
ここで変化がない場合、機能的に問題がなければ動作の再学習が課題として挙がってきます。
その場合は動作の反復練習をしましょう。

動作分析→局所の評価→アプローチ→再評価を繰り返す

この過程を目的が達成されるまで繰り返します。
今回は省きましたがここに疾患特有の問題・リスク管理、個人因子、環境因子が絡んできます。
この患者様の背景も聴取・評価して機能障害以外のアプローチも行なっていきましょう。そうしないと機能が改善しない場合お手上げとなってしまいます。
この個人の背景を考慮した評価がICFです。

評価・解釈・アプローチの過程を記録する

リハビリは基本的に1人で担当するものではありません。対象の方に対して家族、医師、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ケアマネージャー、業者など様々な人か関わってきます。そのためリハビリの過程を記録することが大切になってきます。

まとめ

最後にまとめるとリハビリの流れは

  1. 目的を明確にする
  2. 動作分析をする
  3. 評価する
  4. アプローチする
  5. 再評価する
  6. 記録する

になります。

患者様を目の前にして何をしていいのかわからなくなったら、先輩に「何からみればいいですか?」と聞く前にこの流れを思い出してみてください^^


4日で学ぶ基本動作分析と触診・アプローチ法・報告書の書き方

〜4日間で信頼される療法士の土台を楽しく作る!〜
日時:
・1日目 2018年7月14日 10:00~16:00
・2日目 2018年7月15日 10:00~16:00
・3日目 2018年8月11日 10:00~16:00
・4日目 2018年8月12日 10:00~16:00
詳しくはこちらから
>>>4日間で信頼される療法士の土台を作る!触診から始まる基礎講座

掴む

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す