膝疾患の問題解決講座

内側半月板と○○筋と骨運動

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

内側半月板に付着する組織は

・半膜様筋・内側側副靭帯・前十字靭帯・半月膝蓋靭帯・膝横靭帯

(内側半月板、前十字靭帯、内側側副靭帯の3つは相互関係にあり、
不幸の三徴候と複合損傷をきたす場合がありますね。)

これらの組織が内側半月板に付着しています。

 Visible Bodyには半月膝蓋靱帯など載っていなかったのでお手持ちの解剖書を
ご覧ください。

半膜様筋

半膜様筋は深鵞足と呼ばれることもあり、その繊維の一部は内側半月板に付着しています。

『その痛い部分には何が?~深鵞足と浅鵞足って?~

半膜様筋に問題がある場合には内側半月板の動きを妨げることにもなり

内側半月板へのストレスを増大させる可能性が考えられます。

 

また、半膜様筋は坐骨結節に付着しており半腱様筋とともに内側ハムストリングス
としても機能しますね。

すなわち骨盤(坐骨)や股関節に問題があった場合にも内側半月板へ影響を及ぼす可能性が
あるといえますね。

 

大腿骨との連動

半月板は大腿骨の動きに付随するように動いていきます。

・膝関節屈曲:(伸展時から見て)内側・外側半月板ともに後方へ。
(移動というよりは形を変えながら後退する。)

・膝関節伸展:屈曲時から見て内側・外側半月板ともに前方へ。

・下腿内旋:内側半月板が前方へ、外側半月板が後方へ。

・下腿外旋:内側半月板が後方へ、外側半月板が前方へ。

 

すなわち何が言いたいかといいますと、膝関節での大腿骨と脛骨の生理的な動きが

十分に行われない状態で膝関節の運動を起こし続けると半月板へも影響が出てしまうという事です。

 

膝関節へのリハビリテーションにおいて筋力強化も大切なことですが、

このような観点からも、普段ROM足底で計測するような大関節の大きな動き以外に
小さな動きも含めた関節の生理的な動きというものを可能な面で再獲得していくことも
重要なこととなります。

 

 

膝の解剖触診などの記事のまとめ

内側半月板と○○筋と骨運動
鵞足部の触り分け
縫工筋を指標に探す神経~股関節外側部と膝関節内側部の知覚~
内転筋管での神経絞扼の評価方法の1例など
3つの線維の内側側副靭帯と外側側副靭帯

 

参考、引用文献・画像

1)ジャン=ピエール・バラル / アラン・クロワビエ 共著:
新マニピュレーション・アプローチ<下肢> 科学新聞社 2014年

2)Visible Body Muscle Premium

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

追伸1:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

 

追伸2:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
https://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairkanto.jp/info/

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す