3つの線維の内側側副靭帯と外側側副靭帯

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

膝の内外側の安定性に関与する内外側の側副靭帯ですが、

2つの側副靭帯のうち内側側副靭帯の方が複雑であり、
損傷の頻度はは外側側副靭帯の20倍に達する。1)

とされています。

内側側副靭帯

起始:大腿骨内側上顆、内転筋結節の直下

停止:脛骨内側面、浅鵞足後方近位1/4

・幅:1.2 -2.5cm  ・長さ:8 -12cm

内側側副靭帯は頭方では狭く、関節半月上で幅が広がり、
その後はそれより幅の狭い浅層と深層の2層に分かれる。

<浅層>大腿脛骨線維。

<深層>(両者との内側半月に付着)
・大腿半月線維
・脛骨半月線維         1)より参考

 

「不幸の三徴候」の1つでもあり、繊維的には複雑ですね。
(前十字靭帯損傷・内側側副靭帯損傷・内側半月板損傷)

 

写真では下腿が浮いてしまっていますが、

踵を床につけて固定した状態で膝を外反して
内側裂隙にて内側側副靭帯を触診できます。

内側裂隙部分が最も触診しやすい位置となります。

内側側副靭帯に関与する多くの線維

半月板に付着しているだけでなく、

停止は浅鵞足にあり、

起始部付近の内転筋結節には
・大内転筋・内側側副靭帯・膝の関節包・内側膝外支帯・内側広筋・腓腹筋内側頭

と多くの線維が付着するとされており1)損傷の頻度が多い原因でしょうかね。

様々な部分が関与していますが、

・腓腹筋内側頭・鵞足の1つである半腱様筋(内側ハムストリングス)
の交点は癒着のしやすい部位でもありIAIRのあのテクニックも有効そうですね。

 

外側側副靭帯

起始:大腿骨外側上顆の後尾方部

停止:腓骨頭の後外側斜面
(大腿二頭筋に覆われている)

 

特徴

・丸い
・膝の関節包と1㎝離れている。
・関節包にも関節半月にも付着しない。
・弓状膝窩人体の外側に位置する。
・大腿二頭筋と腸脛靭帯によって補強されている
・内側側副靭帯よりも強靭である。
・伸展及び外旋位で緊張する。
・屈曲位では内側側副靭帯より早く緩む。
そのため、膝の外側部が自由になり膝の屈曲時内旋が起こりやすくなる。 1)より

 

<触診>
触診は膝を内反させ、関節裂隙の外側部で大腿骨から腓骨頭に
走っている繊維を探します。

腓骨頭までたどれる線維があるかと思います。

外側側副靭帯と膝屈曲時の影響

この外側側副靭帯の特徴の1つである

屈曲位では内側側副靭帯より早く緩む。
そのため、膝の外側部が自由になり膝の屈曲時内旋が起こりやすくなる。

ですが、外側側副靭帯は腓骨頭にも付着しているため

腓骨頭に問題があっても膝の屈曲時のスクリューホームムーブメントが
阻害され、膝への悪影響を引き起こしてしまうことになりますね。

 

膝の解剖触診などの記事のまとめ

内側半月板と○○筋と骨運動
鵞足部の触り分け
縫工筋を指標に探す神経~股関節外側部と膝関節内側部の知覚~
内転筋管での神経絞扼の評価方法の1例など

 

参考、引用文献・画像

1)ジャン=ピエール・バラル / アラン・クロワビエ 共著:
新マニピュレーション・アプローチ<下肢> 科学新聞社 2014年

2)Visible Body Muscle Premium

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

追伸1:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

 

追伸2:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
https://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairkanto.jp/info/

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す