鵞足部の触り分け

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

一般的に縫工筋、薄筋、半腱様筋の付着部を併せて鵞足と呼ばれていますね。

縫工筋:大腿神経>、<薄筋:閉鎖神経>、<半腱様筋:坐骨神経>

とすべての鵞足すべての筋の支配神経が異なる点も興味深いですね。

 

近位部から大まかに見ると

停止は脛骨粗面の内側部ですがその繊維も特徴を把握することで触り分けることもできます。

近位部をざっくり見ると

縫工筋はASISの起始があり、股関節屈曲+外転+外旋に出力することで
その筋腹が浮き出てくるため、ASISから徐々にたどっていくのも1つです。

薄筋は大腿の再内側部にあり、股関節軽度外転位から内転に収縮することで
薄筋の筋腹が触知でき、停止部付近は腱状に触知できます。
(内転に収縮しなくても外転位で最も内側部で緊張が高くなるため分かることもありますね)

半腱様筋は内側ハムストリングスですね!(笑)

 

停止部付近の理解

 


おおよそこのような付着になっています。

最も遠位に来るのが半腱様筋で、最も近位が縫工筋、その間が薄筋となっています。

内側ハムストリングスは触知しやすいでしょうか?

近位部からたどり、停止部付近まで行き

・より表層にある腱状の線維が半腱様筋
・その深層にある筋腹が半膜様筋 となります。

この時、半膜様筋の腱は脛骨の内側で終わる点と、他の筋より筋腹が太い点も指標となります。


(青色の筋が半膜様筋です。)


(一番後方で関節裂隙に一番近い青い部分が半膜様筋の停止部ですね。)

そして半膜様筋と半腱様筋の停止部付近を触り分けようとすると
もう1つの腱が触れることがあります。

それが薄筋となります。

 

このような位置や筋腹・腱の太さを指標にするのも1つですし、

近位部から触診して行くなど、1つだけの方法にとらわれず複数の方法で
確認することも有用です。

 

鵞足の誘発テスト

・股関節外転位で膝関節を伸展して鵞足部に疼痛が誘発される場合には
薄筋が関与している可能性が大きいと考えられます。
(股関節伸展で半腱様筋は緩み、外転により縫工筋が緩む。)

・股関節を伸展・内転・内旋位で膝関節を伸展して鵞足部に疼痛が誘発される場合には
縫工筋が関与している可能性が大きいと考えられます。
(股関節伸展で半腱様筋が緩み、内転により薄筋が緩む。)

・股関節を屈曲+内転位で膝関節を伸展して鵞足部に疼痛が誘発される場合には
半腱様筋(もしくは半膜様筋)が関与している可能性が大きいと考えられます。
(股関節曲により縫工筋は緩み、内転により薄筋が緩む。)

走行や作用を理解するというのは重要ですね。

また、触診したい場合も上記のような形をとって伸張(+収縮)することで
わかりやすくなるかもしれませんね。

 

膝の解剖触診などの記事のまとめ

内側半月板と○○筋と骨運動
縫工筋を指標に探す神経~股関節外側部と膝関節内側部の知覚~
内転筋管での神経絞扼の評価方法の1例など
3つの線維の内側側副靭帯と外側側副靭帯

 

参考、引用文献・画像

1)林 典雄著:運動療法のための 機能解剖学的触診技術 下肢 2012年  メジカルビュー社

2)Visible Body Muscle Premium

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

追伸1:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

 

追伸2:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
https://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairkanto.jp/info/

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す