膝疾患の問題解決講座

骨盤へのアプローチ再考。TGAに基づくリハビリテーション【IAIR関東情報8月号(2)】

IAIR関東情報

From:IAIR関東地区代表 齋藤 信

いつも大変お世話になっております。
IAIR 関東地区代表 齋藤です。
今週の関東地区 限定メルマガをお届けします。

PR:
新人の90%が学校で学んだリハビリ技術を活用出来ていない?
その理由は、ICFに対する誤解が生み出しています。
その誤解を紐解き「できない」を「できる」に変える研修があります!

OTならこちら >>> https://iairjapan.jp/events/event/exp_ot

PTならこちら >>> https://iairjapan.jp/events/event/exp_pt

 

【1】骨盤へのアプローチ再考

関東地区の皆さんこんにちは。

齋藤です!

とうとう9月から開始の「」認定講座……詳細が公開されてきましたね。

会員の皆さんにはフライングでオンライン講義を行いました。
その際の感想を紹介します。

『アプローチについての認識の違い、「治療」と「仮説検証の手段」によってセラピストの患者様に対する接し方が変わるなと感じました』

『本人・その周囲の方々に気付いてもらうまでが苦慮しますが、マルチファクターでの視点の大切さをよく実感します』

『すぐに徒手に依存してしまうことは悪い癖だなと思いました』

『​マルチファクターは様々な要因が含まれる為、より仮説検証や個人の背景を知ることが重要ですね。その為には信頼関係が必須です。なので方法の1つとしてアプローチをしっかり学ぶことが大事ですね』

『リハビリとして関われる時間は限られているので、我々と関わっている時間以外でどのような行動をしてもらうか。その変化のきっけかを僕らが提供できればと思いました』

『学術的裏付けやコンセプトが副会長の話を通して理解しやすかったです。骨タッチ、骨格系、筋膜系の概念は形を変えつつ学びなおしていけばいいですね!』

『まさにリハビリテーションですね!』

沢山の声をありがとうございます。

そうなんです!
これまでよりも、

  1. よりリハビリテーションの現場に合わせた
  2. 患者さんにアプローチしやすくなった!
  3. 再現性まった!
  4. 学術的裏付け明確になった!
  5. なぜ結果が出るのか根拠がある!

この5つのポイントがハッキリしました!

その理由は、TGAというIAIR独自のアプローチ法にあります。

IAIRコンセプトTGA

*IAIR-TGアプローチの紹介より

これまで、患者さんが伏臥位とれないからできない……などの声をいただいてきました。

ですが、アプローチを刷新したことで、効果は変わらず、より患者さんが楽な姿勢で行えるようになりました。

先の感想にあったように、よりリハビリの現場で結果が出しやすくなりました!

そして何より、徒手アプローチの先……患者さん、クライエントさんの人生の健康と幸福の為に支援できる内容となりました。

 

まずは関東9月9日開催の骨盤アプローチで新講義が受講できます!
これまで養成校で学んだ事を見直し、本当の意味でリハビリテーションをしてみませんか?

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

IAIR 副会長 齋藤 信

【2】第9期認定講座情報

認定講座2018

*関東以外の地区情報はリンクの先で確認できます。

B-classコース申し込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストTUNE UPセミナー
 >>> 申込みはコチラ

評価と調整の為の触診”達人のタッチ”
 >>> 申込みはコチラ

頸部体幹調整の為の筋膜、軟部組織アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる肢アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定対策
 >>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定
 >>> 申込みはコチラ

会場でお会いできる事を楽しみにしております!

 

【3】今週の関東コラム

◆ 下腿後面の筋の触診〜歩行速度の問題に関与する筋は?

◆  ADL自立度を高めるポイントは?

◆ 話し合いが進まない…その根本にあるもの【国際事業部 Step.49】

◆ IRF2018inTOKYO開催まで50日!

◆ 会員限定OnLine-Live講義:IAIRアプローチ総論をお伝えします!【再放送】

◆ リハビリプレゼン大会プレゼンター決定!【IRF2018inTOKYO】

 

PR

管理職養成講座開講中。
9月30日まで第3期生特別価格で提供中。
>>> https://saito-makoto.jp/melc/

管理職養成12回コース

 

IAIR公式LINE@はじめました!

セミナー情報や、LINEのお友達限定クーポンや
イベントを開催しております!
今すぐクリックして友達になってください!
友だち追加

 

その他のお知らせ

今月のセミナー予定はこちら
http://iairjapan.jp/calendar

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairjapan.jp/faq

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairjapan.jp/contact

 

迷惑メールフォルダに自動振り分けされてませんか?

IAIRメールマガジンが「迷惑メール」に入ってしまうと、
これからお届けする大切な情報がご視聴いただけなくなります。

これからお送りするコラムやテクニック、
動画や会員限定情報を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。

現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメールソフトのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。

詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、
是非流れにそって設定をお願いいたします。
迷惑メール対策はコチラ

 

IAIR関東地区限定情報が欲しい方はメルマガ登録をしてください!

毎週水曜日12時にIAIR関東地区限定メルマガを配信中。

最新講義情報、関東地区限定情報など、あなたのリハビリ現場をCHANGEする秘密をお伝えします!

登録はこちら >>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMeAbnu

IAIR関東情報

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。