肩疾患の問題解決講座

肩の問題で悩むあなたへ(最後のお知らせ)

肩講義受講者の感想

あなたは今、肩のリハビリで試行錯誤を繰り返していることでしょう。
ですが、なかなか結果が出せず、患者さんも不審顔。

かといって……

  • 実習中の資料を見ても!
  • 先輩のやり方を真似ても!
  • 文献で調べても!
  • 偉い先生の講義をきいても!

イマイチ実感も、結果も出ない。

そんな困った状況に陥っていませんか?

そういった方達に、僕はIAIRの講習会をお勧めしています。

 

理由は……10個あります。

  1. 技術を作り、お伝えしている講師陣が、元々自分自身が非常に落ちこぼれだった故「出来ない人が何故出来ないのか」の「出来ない理由」を身を持って理解している。
  2. 出来ない理由を解決するしっかりと段階付けされた学習体系が完成されているので、一つ一つ課題をクリアーすることで自然に成長できる。
  3. 各技術の本質的に大切な部分をクローズアップしたシンプルな講義体系なので理解しやすく、かつ忘れにくい。
  4. 各技術の最も大切なポイントが明確に示されているので臨床で迷っても行うべき事が思い出しやすい。
  5. インストラクターが受講者一人一人の出来ない理由を評価し、問題点に応じたアドバイスを行っている。
  6. 講義時間に対する実技練習時間を十分に取っている為、「教えて帰す」だけの無責任な教え方は行わず身体で技術を覚え、効果を実感出来る。
  7. 各講義共に間に数週間の時間を置いた二日構成になっているので、臨床で技術を用いてから生じる疑問や、理解の仕方の間違いに対して講師がフィードバックを行っている。
  8. インストラクターが受講者の方に実際に施術を行い、受講者の方は身体で治療効果を実感出来る。
  9. DVD教材とチェックシートを使った事前予習が義務化されているので当日は内容を再確認しながら習得することに集中出来る。
  10. 講義後は大切なポイントを再確認出来る講義ブログで復習が行える。

そう、これらを練習生さん達に提供しているのが、国際統合リハビリテーション協会認定講座なんです。

 

ですが、まだ認定講座を受けるのはハードルが高いかな?
そう思っている方は、体験型セミナーなんてどうでしょう?

 

来る2月11日(日)に肩疾患の問題解決ができる技術集セミナーを東京で開催します。

 

開催間近ですし、このお知らせが最後となります!

是非、この機会にあなたの身体で体験と、実感を持って習得し!
患者さんに信頼される療法士になってください!

*体験セミナーは無条件の返金保証がついております*

 

IAIRは、患者さんのために確実な結果を出したい療法士を全力でサポートします!

 

肩疾患の問題解決ができる技術集セミナーin東京

日時:2018年2月11日(日) 10:00~16:00
会場:森下文化センター第2・3会議室【東京都江東区森下3-12-17 】
定員:20席
申し込みフォーム:https://iairjapan.jp/product/shoulder
詳細ページ:https://iairjapan.jp/experience/shoulder

IAIR 関東代表 齋藤 信

追伸:肩セミナー受講者の声を読んでからでも遅くありません。

肩講義受講者の感想

肩疾セミナーは全国で開催中!

開催予定:
東京:H30.2.11(日)10:00〜16:00
名古屋:H30.3.21(水祝)10:00〜16:00
岩手:H30.4.8(日)10:00〜16:00
札幌:H30.6.3(日)10:00〜16:00
福岡:H30.7.22(日)10:00〜16:00
仙台:H30.8.26(日)10:00〜16:00
鹿児島:H30.9.22(土)10:00~16:00

申し込みフォーム:https://iairjapan.jp/product/shoulder
詳細ページ:https://iairjapan.jp/experience/shoulder

 

肩講義受講者の感想

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。