肩疾患の問題解決講座

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その10』

みなさん
こんにちは
療法士サポータの加藤です。

前回の投稿では、
『作業に必要な肩関節の調整』でしたね。20140913214726998s

肩関節の中でも
肩甲上腕関節は上肢操作の時に大方向を決める

とても大切な役割があることが

分かっていただけたでしょうか?

 

わかったけど・・・
まだ、イメージがわかない?

 

そのんなあなたのために、
今回はこの肩甲上腕関節の調整を
私、加藤がどのように利用していたのかを
実際に経験した症例を通して紹介したいと思います。

そこで、
今回のテーマは
『作業に必要な肩関節の調整 その2』です

 

それは・・・

 

私が老健に勤めていた時、
発症3年目の片麻痺の方の通所リハビリを担当しました。
その方の主訴はnousokucyuu2
「仕事に復帰したい!
 麻痺した手でもなとか物を抑えるくらいになりたい!!」

とのことでした。

 

麻痺側の上肢を見ると、
大胸筋の筋緊張が亢進しており、
上肢操作の際に方向付けができてません!

そこで、私は
肩甲上腕関節の調整をした後、
タオルサンディングをしてもらい
生活の中で補助手としての利用を目標にして
実施しました。

利用者様は徐々に補助手としての
利用が可能となり
「先生、お茶碗が抑えられたんです。
 その時のカレーはいつもの何倍も美味しかった!」
と、報告してもらえ、

IMG_0538

最終的には
内職で仕事ができました。
 その時に稼いだお金で買ったんです」
とみかんを買って渡してくれました。

いや~、
泣きそうになりましたね(笑)

このように
肩甲上腕関節の調整にて
上肢の大方向の操作が可能となります。
是非みなさんも試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして活動していきたいと考えてます。

 

追伸!!作業療法の効果をより向上させる講義を開催!

6月9・10日(土日)
【東京】脳科学的根拠に基づく作業療法構築入門講座
IAIRのアプローチとアクティビティを結びつけることで、作業療法の効果がより向上します!!
さらに、アクティビティの脳科学的効果もご説明します!
ぜひ、OTの方々に受講していただき、次の日から作業療法に自信を持って患者様・利用者様の前に立ちましょう!!

詳細はこちらから
https://iairjapan.jp/events/event/otseminar-tokyo
すぐに申し込む方はこちらから
https://iairjapan.jp/product/ot-activity

作業療法士加藤淳
IAIR関東
 作業療法士
セトロニントレーナー加藤淳

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。