歩行分析お悩み解決

皆さん こんにちは
IAIR関東の日向寺汐美です。

皆さんの臨床でのお悩みはどんなことですか?
その中でも歩行分析に苦手意識を持っている方いらっしゃるのではないでしょうか?
私も苦手意識を持っていた1人でした。

歩行分析の悩み?

以前に歩行セミナーに参加された方はこんな悩みを抱えていました。

  • 歩行分析のそもそも見るべきポイントがわからない。
  • OTにもできるアプローチはあるのか?
  • 歩行全体をみるといってもどこをみればいいのか。
  • 歩行時みる場所が明確にわからない。
  • 短時間でアプローチしたい部位が多すぎて時間がたりない。
  • PTの会話についていけない
  • 歩いているけど何が問題か分からない。
  • 結果のでるアプローチがわからない。
  • リハ室では意識して歩行できるけど日常生活に活かせない。

1つでも当てはまることありますか?
似たようなお悩みをお持ちじゃないでしょうか?

解決法1 診るポイントはどこか?

  • 歩行分析のそもそもみるべきポイントがわからない。
  • 歩行時みる場所が明確にわからない。
  • 歩行全体をみるといってもどこをみればいいのか。
  • 歩いているけど何が問題か分からない。

IAIRではみるポイントをシンプルに3つ(肩甲帯、骨盤、足部)にしぼってお伝えしています。

今回は骨盤についてお伝えします。
歩行には常に重心移動が必要ですね。
そこで診るのが人体の土台の骨盤です。

骨盤を診るポジションはどこからみるのが良いでしょうか?

  1. 前傾後傾をみるには矢状面
  2. 回旋をみるには水平面
  3. 側方傾斜をみるには前額面

みる目的に応じて変えてみてください。

それでも3種類をみるのは大変。
そんな時はまず、第2仙椎の位置を診てみてください。
重心は第2仙椎のちょうど前方に位置されていますので、軌跡がどのように移動されているかを確認してみてください。

解決法2 OTでもできるのか?

 

  • OTにもできるアプローチはあるのか?
  • PTの会話についていけない。

私もこの悩みを解決したOTの1人です。

  • すぐにでも評価、アプローチができる(OT1年目女性)
  • 見るべきポイントがしぼれた(OT1年目女性)

以前参加された方よりこんな嬉しいお言葉もいただいています。

解決法3 アプローチは?

  • 短時間でアプローチしたい部位が多すぎて時間がたりない。
  • 結果のでるアプローチがわからない。

肩甲帯・足部のアプローチを先日のコラムにて紹介しています。
「歩行の消費エネルギーが10%増える?」
https://iairkanto.jp/michi039hokou/
「歩行の見方が全く違うものになります。」
https://iairkanto.jp/hyugaji20180406/

よかったら、参考にしてみてください。

解決法4 日常生活に活かすには?

  • リハ室では意識して歩行できるけど日常生活に活かせない。

先日のコラムでも紹介されていました。
「生活に活かせる歩行にするために」
https://iairkanto.jp/ty014/

どんな些細な悩みでも構いません。
歩行分析のお悩みの解決法を一緒に考えてみませんか?
>>>評価が苦手な療法士の為のシンプル歩行分析とアプローチ法

最後までお読みいただきありがとうございました。
IAIR関東
作業療法士
日向寺汐美

その他のお知らせ

今月のセミナー予定はこちら
https://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairkanto.jp/info/

 

IAIRからのお願い

【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す