管理職養成12回コース

【復習ブログ②】2017.05.14「骨盤の評価とアプローチ1 in東京」

こんにちは。

関東支部アシスタントの山本知秀です。

前回は「頭蓋骨から始まる骨盤の変位について」~「仙腸関節の触診」までを
復習しました。 今回は実際の調整について復習していきましょう。

まずは「姿勢」からです!

■仙腸関節の施術姿勢

*しっかり後ろ足の股関節を伸展位にしましょう!(重要)
*右利きの方は相手の左側から行います。(左利きの方は逆になります)

 初めはきついですが、やればやるほど効率の良さが分かる治療姿勢なので、
諦めず頑張りましょう!下肢の血流が改善されるので美脚効果もあり!

目線も上げましょう。目線が下がると体重がかかってしまいますよ。

 

■仙腸関節の調整方法(腹臥位)

まず、骨格は悪くなると「つぶれる」「広がる」というパターンがありました。

「つぶれて」「広がった」骨盤がそのまま固まり動きが無くなることで、
筋連鎖となって全身への影響を及ぼします。

そのため、仙腸関節の調整の目的は【仙腸関節の動きを出す】ことでした。

ポイントは、
*コンタクトポイント:PSISのすぐ外(腸骨を動かすので)
*施術者の手の骨と受け手のPSISの骨をコンタクトするイメージで!【骨タッチ
*仙腸関節の構造上、PSISを近づける方向は斜め上方向です。【前腕の向き

*名札をしながら治療する場合は、名札が自然に垂れたときに
治療部位の真上にくる位置が良いポジションです。

 

また、腕(大胸筋)の力でなく体幹(前鋸筋)の力を使いましょう。

身体をうまく使えば施術する側もされる側も負担なくアプローチすることができるようになります。 この辺は8月開催のTune Upセミナー・触診セミナーで詳しく学べますよ。 全てのアプローチの基本となるので、ものすごくお勧めです!

 

今回の復習は以上です。

次回は股関節へのアプローチを復習していきます。

 

P.S.
セミナー中にもお伝えしましたが、 「骨盤」が身体の【土台】であるならば、
「脊柱」は【大黒柱】です。
身体の全体性を観てアプローチしていくためには、
「骨盤」と同様に「脊柱」も観ていく必要があります。

【Bclassセラピストライセンスコース 脊柱の評価と調整法】
開催日時:2017年6月11日(日) 10時~16時
        2017年7月8日(土) 10時〜16時

会 場:板橋区立グリーンホール 504会議室
詳細はこちら http://iairkanto.jp/events/event/10931/

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

IAIR関東支部
作業療法士
山本 知秀

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す