管理職養成12回コース

【復習ブログ】3/18・19『臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法』セミナー

こんにちは。
関東支部アシスタントの山本知秀です。

本日は、3/18、19に行われた 【臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法】セミナーの振り返り をしていきたいと思います。

今回参加された皆様の感度の良さと、しっかりと内容をモノにしていこうという真摯な姿勢、そして技術習得の速さには大変驚きましたし、私自身も気が引き締まる思いでした。皆様素晴らしかったです!

 

では、早速内容の振り返りです!

 

まず、歩行分析の3つのポイントとは何だったでしょうか?

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

そうです。

  1. 肩甲帯のアライメント
  2. 骨盤の動揺
  3. 足部の動き

でしたね。

ここはもう大丈夫ですね(^^♪

 

それでは、それぞれの部位への評価とアプローチについて復習していきましょう。

まず、『肩甲帯のアライメント』では

  1. 肩甲帯内側縁が脊柱よりおおよそ4横指のところにあるか?
  2. 極端な下方回旋、外転、内転していないか?

を評価していきます。

その結果、肩甲帯のアライメントが崩れている、あるいは肩甲帯の可動性が低下していれば、そこへのアプローチを試みます。

 

肩甲帯へのアプローチは・・・

 

「肩甲胸郭関節のリリース」でしたね。前鋸筋アプローチ

テクニックの目的は【菱形筋をゆるめる】こと、

その結果【肩甲帯の可動性が修正】されます。

ポイントは肩甲骨内側縁にコンタクトしたら、【肩甲骨を動かす(内転)ことor呼吸をしてもらうこと】でした。

 

次に『骨盤の動揺』では、

  1. 重心(S2)の位置が動かない、あるいは動き過ぎているか?
  2. トレンデレンブルク徴候が出ているか?

を評価していきます。

その結果、骨盤の動揺に問題があれば、そこへのアプローチを試みます。

 

骨盤へのアプローチは・・・

 

「腹部ポンピング」でしたね。腹部軟部組織アプローチ

テクニックの目的は【腹部の血流を増加する】こと、

その結果【インナーマッスルの機能が改善】され、【骨盤・股関節周囲の筋出力増加】を図ります。

ポイントは、【頭を下げない】でした。

 

最後に『足部の動き』では、

  1. FFRがしっかりと出ているか?

を評価していきます。

その結果、MP関節や下腿三頭筋の動きに問題があれば、そこへのアプローチを試みます。

 

足部へのアプローチは・・・

 

「内側ハムストリングと下腿三頭筋のリリース」と「立方骨の調整」でしたね。

まず、「内側ハムストリングと下腿三頭筋のリリース」

テクニックの目的は【内側ハムストリングと下腿三頭筋の筋膜癒着をはがす】こと、

その結果【下腿三頭筋の動きが改善】されます。

ポイントは、【筋の走行をイメージすること】でした。

もう一つ、「立方骨の調整」

テクニックの目的は【立方骨の脱落を修正する】こと、

その結果【足部アーチの崩れが改善】されます。

ポイントは、【立方骨の位置(あそこにしかない(^^)】でした。

 

そして、適切なアプローチによって歩行の状態が良くなっても、生活場面で使えないと意味がない!

生活場面で使える歩行、生活に活かせる歩行にするためには

【意識下の歩行から、無意識化の歩行へ】変換していく必要がありました。

その具体的な方法は・・・・

 

そう、子供の時によく遊んだアレを使うんでしたね。(古いかな(^^;)?)

 

以上、簡単ではありますが、おさらいしてみました。

 

人は忘れる生き物です。セミナーで学んだことも、何度も復習して、実践して、また確認して、と繰り返して学習することで定着し、自分のものになっていきます。

また、セミナーでも話しがありましたが、なかなか効果が出ないなと思った時には【自己流】【間違った記憶】になっている可能性があります。

今回の復習ブログも参考にして頂き、継続して復習をして頂けたらと思います。

 

 

P.S.① セミナー中にもお伝えしましたが、IAIR関東支部主催の学会が開催間近です!

体験型のワークショップや、臨床のお悩み相談ブース、セロトニンの脳波測定による作業療法の効果検証、全盲のシンガーソングライターによる魂の歌などなど盛りだくさんの内容になっております。歩行セミナーで学んだことを実践してみて、改めて出てきた疑問などを相談してみてもいいですね。

ご興味のある方はぜひお待ちしております!

【IAIR関東支部学会〔春の陣〕】
開催日時:2017年4月29日(土) 13時30分〜17時 ワークショップ祭、
               18時〜20時 懇親会                                
     2017年4月30日(日) 10時〜16時 学会本大会

会 場:板橋区立グリーンホール 601号室
詳細はこちら http://iairkanto.jp/post_lp/kc2017haru/

 

P.S.② こちらはセミナー中にはお知らせをしていませんが、

IAIRでは受講してくださる受講生の皆さまに、ますます有益な教育機関として、受講して下さる方々と我々がますます強力なタッグを組んで、社会貢献の形を構築していくために、新会員制度を設け会員登録を開始しております。

正会員になるには、入会費5,000円、年会費5,000円がかかりますが、先日の歩行セミナーへ参加された皆様は、2017年3月いっぱいのお申し込みに限り、入会費も2017年度年会費も無料とさせていただきます。

下記URLから協会会員登録のお手続きをお願い致します。
http://iairjapan.jp/join

※セミナー中にお伝えした会員サイトへの登録とは異なります。会員サイトへの登録はセミナー申し込み時に必要であったり、ポイントが付くものになります。

長文になってしまい申し訳ありません。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

IAIR関東支部
作業療法士
山本 知秀

 

 

 

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す