第三回IAIR学術大会10/28.29

解剖を身につけた後は・・・?

みなさんこんにちは。
体と旅の案内人こと
IAIR関東支部認定シニアインストラクターの大戸です。

前回は解剖の知識、イメージを持つ事をお話ししました。
では次に必要な事はなんでしょう?

・・・・・・
そう実践です。
触れなければ意味がありませんからね。

よく実践・練習あるのみと言われます。
確かにその通りです。反復して身につける事は必要ですね。
でもそれだけではある一定の所で止まります。
「正しい触り方」がわからないからですね。

「どれくらいの強さで触ったらいいのですか?」
「あんまり触りすぎて、何を触っているかがわからなくなりました」
「服の上からだと感覚が・・・」
よくある質問です。

共通しているのは、
「自分の感覚がわからなくなっている」
という事です。
自分に自信が持てていない訳ですしね。

だからと言って自信を持って臨みましょうって訳ではないです。
それでは答えになりませんからね。

ではどうするのか?
・・・
「自分の触診姿勢を意識し直してみる」です。

たいていの場合わからなくなると
「緊張」して「ガン見」して行うから「力が入る」
訳です。
緊張は相手にも伝わりますから、相手も緊張してますますわからなくなります。

img_7951
ですから
「力を抜い」「頭でイメージ」して「手元をみなく」すればいいのです。
わからなくなったら、力を抜く所まで戻ればいいのです。
手を離してみることも時として必要となります。
きれいな治療姿勢の方は手元を見ていませんからね。

どうでしょうか?
ただ触っているよりは触れそうな気がしてきませんか?
それでも自信が持てない方は、触診セミナーへ来てください。
実技満載でお伝えしていきますよ。

IAIR関東支部
認定シニアインストラクター
理学療法士
大戸伸吾

///////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

【機能的な体幹(コア)を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

会 場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

新人向けセミナーの募集も開始しました!
職場の新人で、勉強や知識に不安を持っている方を
ぜひ紹介してください。
共に成長していきましょう!

【臨床で結果が出せる新人の為の触診セミナー 体幹編】
日 時:平成29年2月18日(土) 10時~16時
会 場:東京メディカル・スポーツ専門学校(江戸川区西葛西)
詳細はこちらから

申し込みはここから

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づく新人技術セミナー】
日 時:平成29年2月19日(日) 10時~16時
会 場:東京メディカル・スポーツ専門学校(江戸川区西葛西)
詳細はこちらから

申し込みはここから

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す