国際統合リハビリテーション協会 関東支部

患者様の為に求められる、結果が出せる療法士を育成します。

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_m

臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法

国際統合リハビリテーション協会新人向けセミナー

臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法

新人セラピストでもテクニックの効果を最大限生かせる
歩行の分析法、アプローチの方法をお伝えいたします!

 

 このセミナーでは臨床で結果が出せなかったセラピストの為に、

  今行っている歩行分析をより簡単に行う方法をシンプルにお伝えします。

*平成28年度に1年目〜3年目になるPT,OT,STのみを対象としています。
経験4年目以上のセラピストの受講はお断り致しております。

 

『あなたは歩行分析・アプローチに自信を持っていますか?』

こんなことで悩んでいませんか?

  • 歩行分析はどこを見ればいいのかわからない・・・
  • アプローチ後の歩行に変化がなく自信をなくしそう・・・
  • 歩行分析の方法って色々あってどれをみればいいのかわからない・・・
  • OTなので歩行分析をやったことがない。でも職場の都合で歩行を見なくてはいけない・・・
  • なんとなくやっているけど確信が持てない・・・
  • 何から見たらいいかわからない。なのでぼーっと見てしまっている・・・

そんな、新人・若手セラピストの為に、

IAIRは考えました!!

その答えがこれです・・・

『明日から使える

     歩行分析・アプローチの注目するべき

                3つのポイント!!』

 

実は、歩行分析は3つの部位を見るだけでかなり分析できます!!

さらにIAIRテクニックで簡単にその原因を取り除くことができます!!

 

 

実は私自身も歩行分析は苦手でした。

なぜなら分析をしたくてもどこを見ていいかが分からなかったんです。

でも今は違います。

なぜなら歩行分析で見るべきポイントはたったの3つだけなんです。

歩行分析で見るべきポイントとは...?

 

そして変化をさらに実感したい場合はこちらのセミナーを受講することをおすすめいたします。

>>> 申込はコチラ <<< 

 

[歩行分析セミナーの説明]
*必ず観て下さい

[ 講 習 内 容 ]

 治療に必要な歩行分析のポイント、アプローチの方法をシンプルに2日間でお伝えします。

 あなたのアプローチをさらに効果的に出来る内容です。

一日目

1.  歩行分析を可能にするたった3つのポイントとは

2.肩甲骨のアライメントについて

3.骨盤の動揺について

4.ロッカーファンクションについて

5.動画を使って歩行分析(グループワーク)

【二日目】

・歩行分析で抽出した3つの問題に対するアプローチ方法

1.肩甲胸郭関節のリリーステクニック

2.腹部ポンピングテクニック

3.内側ハムストリングストと腓腹筋のリリーステクニック

4.立方骨のリリーステクニック

5.  リハビリで忘れてはいけない4つのキーワード

>>> 申込はコチラ <<< 

 

受講後の声

IAIRテクニックと歩行とがつながったのでわかり易かったです。どんどん身体が良くなってか見るポイントがはっきりしたため、セミナーを受ける前より歩行が見やすくなりました。少人数の為、インストラクターに相談しやすい環境でした。歩行分析するときの苦手意識がなくなりました。身体も気持ちも軽くなりました。(匿名希望様 理学療法士)

 

3つのポイントがわかり易くすぐに理解できてよかったです。難しく考えずに歩行を見ていこうと思いました。(S.A様 理学療法士)

 

ポイントを絞ったことで着眼点がはっきりし、頭がすっきりしました。IAIRテクニックを使用する際の例が分かったことで頭がすっきりしました。明日から活かしていきたい。気持ちが強くなりました。(M.I様 理学療法士)

 

今まで何がわかっていなかったのか、明確になりました。明日以降しっかり実践の場で継続していきます。(理学療法士 3年目 女性)

 

視点からアプローチまで、一連の流れで見ることが出来てわかりやすかったです。特にチーム毎にインストラクターが入って下さり、少人数制となっていたのがわかりやすかったです。(匿名希望)

 

歩行の見方・アプローチが自分の中で大きく変わりました。職場に戻ったら伝えて、来た患者様に活かしていきたいです。(理学療法士 2年目 男性)

 

歩行の分析のポイント以外にも、症例検討方式で見るなどより具体的に見ることができ理解がより深まりました。インプットだけでなくアウトプットをする為、自分の頭で整理する事も出来たのでよかったです。 (作業療法士 2年目 男性)

 

歩行分析の要点が絞られていて理解しやすかった。学びながら明日以降も患者様の事を考えることができてよかった。 (理学療法士 1年目 女性 M・K様)

 

歩行を見る時どこをどう見ていいかわからず、色んな所をみてわからなくなってしまいましたが、今日の講義を受けてポイントを絞り見ていけそうです。また楽しく学ぶことが出来ました。(理学療法士 3年目 男性 Y・K様)

 

[ 講 習 会 詳 細 ]

*こちらの新人向けプログラムは、少しでも新人の方に結果を出す素晴らしさをお伝えする為に他IAIR講習プログラムと比較して安価にて提供させて頂いております。

開催日時 2016年10月15・16日 10:00~16:00

 

会場:砂町文化センター 和室

〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7

http://www.kcf.or.jp/sunamachi/map.html

 

受講料 :21,384円(税込) (2日間)

    :10,800円(税込) (1日目のみ)

※1日目のみの受講は、B-class(旧Basic1.2)コース終了、もしくは終了予定の方限定とさせて頂きます。

 

講 師 :大塚久(理学療法士) 加藤淳(作業療法士) 共にIAIR認定インストラクター

対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

定 員 :30名(先着順)

返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。

     講義後に事務局までご連絡下さい。

 

【セミナー事務局、問い合わせ】
 国際統合リハビリテーション協会 認定インストラクター 
 歩行分析セミナー事務局
 大戸 伸吾  
 shingo_ohto@iairkanto.jp

>>> 申込はコチラ <<< 

保証制度を導入します!

「 IAIRは凄腕セラピスト集団!?」

 確かにそういう面もあります。しかし、IAIRの本当の顔は「人を育てるプロの集団」です。第一期インストラクター(現アドバンスインストラクター)も会長に弟子入り1年で指導者に育て上げました。その経験を活かし、「どうすれば受講生さんが技術を習得できるか」を徹底的に追求してきました。

  「IAIRは結果が出せるセラピストを育てる専門家集団、我々は教えるプロです」

 ベーシック3まで終了して、「周りのセラピストよりも明らかに自分は出来る!」と実感されなかった場合は、そう実感されるまで会長、アドバンスインストラクターが個別アドバイスでフォローアップ致します。もちろん、実感できるまで何度でも対応させて頂きます。これが我々の”責任“です。

とあるセラピストの悩み相談:「自分が良いセラピストになれるのか不安でたまりません。」  

[不安]は「止める理由」ではありません。「行動する理由」です。

 ×  行動せず一生不安を抱える

 ○ 行動して不安を解消する

  

この決断は人生の大きな分岐点になる。そうは思いませんか?IAIRはあなたの決断を徹底サポートします!!

メールマガジンについて: IAIRの講習会を受講された方、DVDを購入された方にはメールマガジンを配信させて頂いております。こちらでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしておりますので、コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対応下さい。 配信を希望されない方に関してはセミナー受講、DVDの購入をお断りさせて頂きます。 *お申し込みされた方は配信に同意されたと判断させて頂いております。

 

>>> 申込はコチラ <<< 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IAIRは受講者さんの技術習得率を非常に重視しております。 受講される方に対して習得率を上げる為に以下の事柄を推奨いたします。

  • 受講時学んだ技術は必ず臨床で使用して下さい。
  • IAIR主催の復習会にご出席下さい。
  • DVD教材を用いて受講前の予習、受講後の復習を行って下さい。
  • 同僚の方と一緒に受講し、職場で毎日10分でもいいので練習会を行って下さい。
  • 学んだ技術がある程度臨床レベルで使える様になったら職場で伝達講習会を開催して下さい。

*上記の内容に関しては義務ではありませんが、実践する事でかなり習得率が高まることを保証いたします。

注意:IAIRは受講者の方の技術習得を一番に考えています。以下の様な方は外の受講者の迷惑になりますので受講をお控え下さい。

  • 学ぶだけで復習しない方
  • 自己満足の為に受講される方
  • 臨床で実践して出来ないとすぐ諦めてしまう方
  • 治療結果の追求よりも理屈の方が好きな方
  • 患者さんのことを真剣に考えない方
  • 自分の将来を良くする為の努力をされない方
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Page Top