IAIR新人教育プログラム

 2017年を飛躍と成長の年にしたい方へ

IAIR新人教育プログラムに参加しませんか?
療法士基礎力向上計画

 

新人と、新人教育をするすべてのみなさん、こんにちは。
IAIR副会長の齋藤信(さいとうまこと)です。

ご存知の方も多いかとは思いますが、僕はこれまで臨床実習指導にエネルギーを傾けてきました。
幸いにも「齋藤先生にもっと早く会いたかった」と評価していただけるほどです。

ですが、どんなに実習生の指導をしても、実際の臨床現場に出た時、その現場によって潰れてしまったり、道に迷ってしまうことに気づきました。

なぜ、潰れたり、道に迷ってしまうのか?

よくよく話を聞いてみると、回答にある傾向があることを発見したのです。

 

新人視点

  • 指導者がいない
  • 指導者がいつも忙しそう
  • 先輩に教える気がない
  • 指導なのかイジメなのかわからない。
  • 新人が自分一人で相談できる仲間がいない
  • 技術不足は仕方ないが、結果の出る技術を教えてくれる人がいない。
  • 自分の夢だった仕事についたら、幻滅し目標を見失った
  • 資格はあるけど、学生時代と何が変わったのかわからない
  • 自己管理の方法を教えてくれる人がいない

 

指導者視点

  • 指導者の立場になり負担が増した
  • 新人のミスを指導者である自分が責められる
  • 残業が増えた。
  • 暖簾に腕押しで伝えたいことが伝わらない
  • 指摘すると泣き出してしまうため、何も言えない。
  • 自分の技術にも不安があり、ハッキリ技術指導できない。
  • とにかく、毎日無事終わることを考えている。
  • 同じリハビリプランしか考えられない自分に直面した。
  • とにかくストレスが多い。
  • 科内の指導方針がハッキリしない。

 

新人は手厚い指導を望むも、指導者には負担が大きいのです。

 

ここで問題になるのは、多くの療法士は経験的にすべての技術を習得してきたため、体系立てた学びをしてきていないこと。
それが年々忙しくなる臨床現場のなかで、若手を育てることができず、その若手が指導者になった時には指導の指針は自分の経験のなかだけ。
指導役の言うことがバラバラで、新人は成長を実感できないという悪循環が起きています。

それらを解決するには、

  1. 指導者は指導に専念できる職場環境をつくる。
  2. 組織の指導方針を決める。

などですが、それができるのは一部の大病院だけです。

 

では、どうしたらいいのか?

IAIRは考えました。これまでIAIRで行ってきた新人向けプログラムを再構築し、系統立ててお伝えすることで解決できるのではないか?

そうなんです。1~3年目のIAIR会員の皆さんの声をきくと……

  • IAIRで悩みが相談できる仲間ができた。
  • リハビリを行う基礎、土台を教えてもらえた。
  • インストラクターの人たちがどんな質問にもやさしく答えて(応えて)くれた。
  • 何より、セラピストとしての生き方に気づかせてくれた。

こんな感想なんです。

そう、先の新人さんと指導者さんの悩みを同時に解決できるものなんです。

 

あらためてIAIRからの提案です。

新人さんへ「IAIRと一緒に学び、成長してみませんか?」

指導者、管理職さんへ「IAIRと一緒に新人さんを成長させませんか?」

 

我々IAIRは、以下のプログラムを提供します。

  1. 結果が出せるテクニック入門講座
  2. 上肢リハビリの土台を作るテクニック入門講座
  3. 下肢リハビリの土台を作るテクニック入門講座
  4. 体幹リハビリの土台を作るテクニック入門講座
  5. 歩行分析とアプローチ入門講座(2日構成)
  6. OTの為のアクティビティ構築入門講座(2日構成)
  7. 新人の為の触診入門講座

大きく分類すると……

  • 筋骨格系アプローチ
  • メジャーな分野別アプローチ
  • セラピストの基礎力向上

です。

一つ、あらかじめお伝えしておきたいことがあります。

それは、IAIRには流派がないということ。

強いてIAIRの流派が何かといえば「人そのものをみる」こと。
それに特化しているため、基本的に各病院、各リハ科、各先輩たちの行っているリハビリを邪魔するものではありません。

むしろ、リハビリテクニックの土台になる人体そのものの調整を先に行うため、あなたの職場に戻ったとき、以前と同じテクニックを使っても効果が大きく異なります。

これは、2011年よりのべ1万人の療法士に講義を行い、実際に結果が出せるよう育ててきた実践と経験から言える、IAIRの自信です。

 

そんな、IAIR受講生の声をきいてみてください。

【匿名希望様 OT 3年目 女性】
女性初めての研修だったので、不安な部分も多かったのですが、先生方の気さくな雰囲気と驚きや発見の多いプログラム内容にとても満足できました。OTの為の研修が予定が合わず行けないので、ぜひ何回も別会場でやってほしいです。

 

【匿名希望様 OT 1年目 女性】
女性短時間で習得できるものばかりで、1年目の私にとってはとても勉強になりました。少しの施術で大きく変化があり、驚きも沢山ありました。また勉強不足が感じられたため、頑張っていこうと思いました。

 

【しばた様 PT 2年目】
男性わかりやすく丁寧に教えて頂き、身をもって治療の効果を感じ取ることが出来ました。
復習・練習することで、自信を持って実践できるようになりたいと思います。

 

【桐木彩恵子様 PT 1年目 女性】
女性1つ1つを丁寧にわかりやすく説明して頂けました。わからないと思ってもすぐに聞くことが出来ました。

 

 

【小泉祐真様 PT 1年目 男性】
男性実際に効果を実感しながらでき、非常に理論がしっかりしていてよかった。

 

 

【匿名希望様 女性】
女性触診することに対する恐怖心が少し減って自信がつきました。もっといろんな方の身体を触って腕を上げていきます。ありがとうございました。

 

 

【匿名希望様 OT 3年目 男性】
男性解剖学から触診、治療へつなげられるヒントになった。

 

 

【匿名希望様 PT 1年目 女性】
女性最後に沢山の方の触診ができて「型にはめない」という事がしっくりきました。

 

 

【匿名希望様 OT 3年目 男性】
男性触診と言うと難しいイメージがありましたが、シンプルに考え練習すれば十分できることを実感できました。

 

 

【わーちゃん様 PT 1年目 女性】
女性全く自信のなかった触診ができるようになり、結果の出るアプローチを学ぶことができ、明日から活用していこうと思いました。

 

 

【匿名希望様 ST 1年目 女性】
女性STとして参加しました。STとしてでも十分に活用できる領域であると思います。呼吸・発声に骨盤を活かしていきたいと思います。

 

 

IAIR新人教育プログラムの概要

  • 対 象:1~3年目までの理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
  • 内 容:全10講義を半年~1年間で履修するプログラム
  • 日 程:基本は第三土日
  • 会 場:東京都内を予定
  • 時 間:1講義4~5時間
  • 受講料:1講義8000~12000円

 

プログラム紹介

1:結果が出せるアプローチ入門講座

実施内容
 体幹:腹部ポンピングテクニック
 上肢:橈骨頭の脱臼修復テクニック
 体幹:大腰筋と腸骨筋間のリリーステクニック
 下肢:腓骨のリ・アライメントテクニック

2:上肢リハビリの土台を作るアプローチ入門講座

実施内容
 前腕橈側手根関節の調整
 肩甲上腕関節の調整
 肩甲胸郭関節の調整

3:下肢リハビリの土台を作るアプローチ入門講座

実施内容:再編成中

4:体幹リハビリの土台を作るアプローチ入門座

実施内容(STさんにオススメ
 頚長筋リリーステクニック
 大腰筋・腸骨筋間リリーステクニック
 骨盤ブロックテクニック
 横隔膜リリース
 呼吸に関連するボディワークやアクティビティの紹介

5:歩行分析とアプローチ入門講座(2日構成)

【一日目】
 歩行分析を可能にするたった3つのポイント
  1.肩甲骨のアライメントについて
  2.骨盤の動揺について
  3.ロッカーファンクションについて
  4.動画を使って歩行分析
【二日目】
 歩行分析で抽出した3つの問題に対するアプローチ方法
  1.肩甲胸郭関節のリリーステクニック
  2.腹部ポンピングテクニック
  3.内側ハムストリングストと腓腹筋のリリーステクニック
  4.立方骨のリリーステクニック

6:OTの為のアクティビティ構築入門講座(2日構成)

【一日目】
  1.作業って?
  2.アクティビティをより効果的にするには!?
  3.実技
  上肢テクニック
   ・橈骨頭調整テクニック
   ・手のアーチ形成テクニック
  下肢テクニック
   ・腸腰筋リリース
   ・立方骨の調整テクニック
【二日目】
  1.脳内セロトニン分泌メカニズムと作業療法の関係とは!?
  2.脳科学効果に基づくアクティビティの作成

プログラム7:新人の為の触診入門座

(テーマによって触診部位が変わります)
実施内容
 触診が上達する6つのコツ
 肩甲骨の触診
 肩甲胸郭関節のリリース
 骨盤の触診 
 骨盤ブロックテクニック
 脊柱の触診
 脊柱のセルフコンディショニングテクニック

+αプログラム:情報整理入門講座

 新人の為のセルフマネジメント講座(webスクール)
 現在、ウェブスクールでのみ開催中。いつでもどこでもスマホで視聴できます。

 

受講特典

 →初回ペア割引適応(2名以上で受講の場合それぞれにIAIRポイント1万円分プレゼント)
 →次回より紹介割引制度の利用が可能

 

開催日程

*管理職、新人育成に携わる方に限り、4年目以降の方でもご受講いただけます。

8月6日(日)in 群馬
明日から臨床で使える技術集講座
 9月30日(土)・10月1日(日)
歩行分析法習得セミナー

 

IAIRの理念と約束

IAIRの理念

「夢の探求・学問の探求」

IAIRは技術を教えるだけのセミナー団体ではありません。
IAIRは練習生とともに学び、セラピストの生き方をともに作っていく教育機関です。

「どうすればできないを出来るに変えられるか」
「どうすれば受講生さんが技術を習得できるか」
「どうすれば大きな学びが得られるか」
「どうすれば療法士人生に自信がもてるか」

を追求してきました。

そこで、IAIRでは、保証制度を導入します。

ベーシック3まで修了して、「周りのセラピストよりも明らかに自分は出来る!」と実感されなかった場合は、そう実感されるまで会長、アドバンスインストラクターが個別アドバイスでフォローアップ致します。もちろん、実感できるまで何度でも対応させて頂きます。これが我々の”責任“です。

 

とあるセラピストの悩み相談:「自分が良いセラピストになれるのか不安でたまりません」
[不安]は「止める理由」ではありません。「行動する理由」です。
 ×  行動せず一生不安を抱える
 ○ 行動して不安を解消する
この決断は人生の大きな分岐点になる。そうは思いませんか?

 

IAIRはあなたの決断を徹底サポートします!!

 

受講後もIAIRが徹底サポートします!

復習会

 

今月の開催予定

読み込み中... 読み込み中...

 

【お申し込み前に、必ずご確認ください】
講座キャンセルに関しまして
お申し込み後のキャンセルは、所定のキャンセル手数料が発生いたします。
あらかじめご了承の上、お申し込みいただけますようお願い申し上げます。

メールをご確認ください
お申し込み完了後、セミナー詳細のメールが届きます。
万が一、メールが届かない場合は事務局までご連絡ください。

 IAIR関東事務局 お問い合わせ

Gmail、Yahoo!メール、HotmailなどのWebメールサービス、携帯メールからお申し込みをいただいているお客様より、弊社からのメールが受信できないとのお問い合わせをいただく場合がございます。
サーバ側で迷惑メールと判別されている可能性がございます。

お手数をおかけしますが、Webメールサービス、携帯メールをご利用の際は、【iairkanto.jp】からのメールを受信できるよう、設定のご確認をお願いいたします。