【OT限定】トイレ動作時に必要な体幹機能の評価とアプローチ法

股関節と膝と・・・他関節を介入する根拠

From:IAIR関東認定インストラクター 藤田智史

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

前回の構造的な頸部および上背部痛におけるEBM

https://iairkanto.jp/manipulation/
いかがでしたでしょうか?

今回は、脊柱の視点も交えて、着座時の膝に着目した動作パターンについてお伝えします。

日常生活上で関節へのメカニカルストレスがかかるような動作は
その関節部分へ常に負担をかけ、痛みや機能障害を起こす因子になる可能性がありますよね。

よくみられるひざ痛に関しては、股関節や骨盤、脊柱の動きなどが関与してきます…

無題

図ではどの姿勢が負担がかかりにくいのでしょうか?

股関節の屈曲角度が小さい場合、膝へのモーメントが大きくなっています。
この場合、膝前面筋の活動を向上させることはできますが、常にこの状態では
膝ばかりが頑張ってしまい、ストレスを受けやすい動作の繰り返しになっていします。

こういった座り方をする患者さんは臨床上多いのではないかと思います。

ではいったいどうすればいいのか?

 

股関節を使って膝のみの活動とならないよう他の関節の力を使うことで、
膝への負担を減らすことができます。

写真の右から2番目のような、股関節の屈曲角度を増やすような動作を行うことで
膝の痛みが軽減する方もいらっしゃいます。

 

ただ、注意点として骨盤が後傾もしくは脊柱が強く後湾してしまうと、
股関節が屈曲しているように見せかけているだけで重心が後方に
残ってしまうため、膝へのストレスは増してしまうことになります。

 

意識的に動作を変える部分とそれを行えるだけの機能を獲得できていることが
必要になりますね。
(鍛えるだけでなく、不要な因子を除くことも機能を獲得する重要な側面になります。)

 

 

ただ、なかなか行ってほしいうまく動作が伝わらない!

 

 

そんな時は、一番右の写真のように手を膝の上につくように座っていただくことで股関節も屈曲しやすい状態を作ることができます。

 

目安があることで患者さんも目的の動きをわかりやすく、なおかつ覚えやすくできるのではないかと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

IAIR関東認定インストラクター 藤田 智史

 

膝の問題を解決する股関節アプローチを学んでみませんか?

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

 

第8・9期認定講座日程

認定講座2018 B-classコース申し込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストTUNE UPセミナー
 >>> 申込みはコチラ

評価と調整の為の触診”達人のタッチ”
 >>> 申込みはコチラ

頸部体幹調整の為の筋膜、軟部組織アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる肢アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2
 >>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定対策
 >>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定
 >>> 申込みはコチラ

会場でお会いできる事を楽しみにしております!

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す