管理職養成12回コース

仕事に充実感をあたえるポイント【管理職の学校】(09)

働く意義

From:IAIR副会長 齋藤 信

 

みなさん、組織のリハビリしてますか?

毎週土曜日は一週間を振り返り、リハ科をより働きやすくするヒントをお伝えする「管理職の学校」開校です!

前回から職業人の心得をテーマに、数回にわたってお伝えいたします。

今回はざっくり言うと……

  • 働くことの意義を確認しよう!
  • 自分の持ち場を守ることでリハ科が発展する!
  • 目標が仕事に充実感を与える!

です。

早速、お話ししていきましょう!

続きはコチラ >>> https://iairjapan.jp/archives/9637

 

 

IAIR副会長 臨床共育メンター® 齋藤信
副会長/臨床共育マネジメント主宰 齋藤 信

お知らせ
せっかくなので今から2018年の目標を立ててみませんか?
無料目標設定講座開講中です。
>>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UzbbGaq

 
働く意義

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。