管理職養成12回コース

マーケティング入門講座報告!8/19に堂々開催!

マーケティング入門講座報告

From:IAIR副会長 齋藤 信

みなさん、こんにちは。
今日は臨床共育マネジメント主宰の齋藤としてお話しします。

というのも、去る19日に「マーケティング入門講座」を開催してしまいました!

って、あれ?
やっぱり興味がない?

関心ないか~

じゃあ、起業準備セミナーとか、事業計画構築セミナーって言った方が良かったかな?

なんてね。
今回は、あえて「マーケティング」という言葉を使いました。
その理由は、講義でネタにするため!

ですが、それでも7名の方にお集まりいただきました。

おかげさまで、グループコンサルティングな雰囲気で、個人にカスタマイズ!
というより、オーダーメイドできちゃいました。
これから起業しようという方や、管理職として現場の運用に悩む方。
いろいろな方がいるなかで、方向性をつける大切な1日になりました。

今回は、開催報告記事ということで、講義の一部をちょこっとだけ紹介しちゃいます!

 

◆そもそもマーケティングって??

ですよね。マーケティングとは一体なんなのか?
病院で療法士をしてるなら要らないじゃん!
そう思いますよね。
でも、それって、受け身じゃないですか?
黙ってても患者さんが次から次へとやってくるからリハビリをする。
確かにそうですが……あなたが管理職になると状況は変わります。
あるいは、ルール(理学療法士及び作業療法士法)が変わることだってあるかもしれません。
その時、慌てて勉強し始めて、全て遅かった……って事になりかねないです。

って、そんな来るかどうかもワカラナイ未来の話をされても困っちゃいますよね。

マーケティングはコミュニケーションツールの一つです。
むしろ、コミュニケーション能力を最大限に発揮する必要のある技術であり、考え方です。
彼氏彼女が居ない方、結婚したいけどできていない方に足りないのは「マーケティング」かもしれませんよ。

 

◆何はともあれ、目的から考える!

目考!リハ科経営塾でも口を酸っぱくして繰り返してきました。
「目的」これを徹底的に考えてもらいました!
事前学習で数時間にわたる動画学習を経て、さらに午前中全部使って、目的から考えました!
だって……みなさん押し売りは嫌いでしょ?
明らかに金儲けと思われるような行動だってしたくないですよね?
でも、お金は不明確な価値に一定の数値化をする道具です。
価値のあるものを提供して、その対価として交換するものです。
それが一方的にならないよう、目的をしっかりガッチリ考えたワケです。

 

◆起業やリハ科経営をコンサルティング!?

午後はテーマをいくつかに分けての、それぞれのビジネスの発表&調整&齋藤からのアドバイス。
広告の作り方、サービスの売りを考える方法、顧客とクライアントの違い、誰を顧客にするかでビジネスがどのように変わるのか……を、個人にあわせてアドバイス。
すると、周りで聞いてた仲間たちも新たな気づきと発見!
いいですね~この化学反応!
今回集まった皆さんがドリームTEAMになっていく様子をしっかり見させていただきました!
ドリームTEAM……Together・Everyone・Achieves・Miracles……すなわち、みんなで一緒に奇跡を実現させる!そんな最高の仲間たちになっていきました。

 

◆全てはあなたの中にある

色々ざっくり書いてきましたが、全ては自分発信。
金儲けだけがしたくてマーケティングをすると、大きなしっぺ返しを喰らいます!
あくまで、あなたの手の届く範囲の人たちを救い、共感の連鎖がより多くのひとを救っていきます。
僕たちは、療法士。
誰かを救いたい!
そう思って、医療の門を叩いたはずです。
それを忘れず、それがあるからこそ活きてくるマーケティングをお伝えいたしました!

次回開催は全くの未定!
ですが、希望があれば……考えます。

まずは感想もあわせてご覧くださいませ!

 

◆いただいた感想です!

理学療法士 11年目 女性 評価★★★★★

マーケティングについてわかりました。
そして自分がやるべきことが明確になりました!
webで受けるより実際に直接受けた方が質問もしやすいですし、わかりやすいです!

理学療法士 3年目 女性 評価★★★★★

マーケティングが何なのか、自分が今どこに、誰に何にアプローチしていきたいのか、まだまだ足りないですが、来る前より具体的になりました!
ビジョン無きマーケティングは凶器になる……このセミナーで覚えておきたいことです!
自分が本当に相手にしたい人達をもっと考えていかないといけないと感じました!

作業療法士 11年目 男性 評価★★★★★

楽しかったです! マーケティングというものの捉え方や考え方が変わりました。
問題認識レベルを基に職場のレベルを上げていきたいです!
心技体という、他の方のコンサル中に出てきた、自分の活かし方、説明の仕方が良~くわかりました!
今後ともよろしくお願いします。
齋藤さんが色々やめちゃうのは残念です。

理学療法士 11年目 男性 評価★★★★★

自分の中で考えていたことを文字や文章におこし、またディスカッションすることで、少し自信が持てるようになりました。
改めて自分が何をしたいのか、どういう経験をしてきたのかを考えられたことでエネルギーが湧いてきました。
自分の強みやこれからの課題も少しずつ見えてきました!
ビジョンなきマーケティングは凶器という言葉が大きな学びになりました。
もっと自分自身の想いを大切にしたいと思いました。
いつも質問に対してわかりやすい回答をいただけて嬉しいです。
時々、的確すぎてびっくりします。
自分の中でしっかり整理をして理解を深めていきます。
ありがとうございました。また続編期待しています!

小林雅永先生 理学療法士 4年目 男性 評価★★★★★

マーケティングを通して、自身の夢や志がまだ完全ではないが、形になりました。
自身が何をすべきか知ることで不安がとれる!
マーケティングは自分の想いを反映するものだと思うと、難しいものだというイメージが取れました。
改めて、自分がしてきた体験や想いから志に繋がっていくのだと確信しました。
自分のやるべきことがわかると安心します。KGI、KPIとあわせて詰めていき、ミッションとビジョンをつくっていきます!!

作業療法士 5年目 女性 評価★★★★★

ここ最近で1番の感動でした。自分の体験は自分の宝であること、改めて感じました。
迷いがたくさんありましたが、解決できそうな気がします。
頭は疲労でいっぱいですが、心はすっきりしています。
ありがとうございます。
管理職として自信が持てなかったのですが、セミナーを受けて本当に良かったです。
もっと自分と向き合っていきたいと思えました。
今後ともよろしくお願いします。

丸山達也先生 理学療法士 8年目 男性 評価★★★★★

毎日どこか焦っていた自分でしたが、書き出していくこと(ライティングワーク)で整理できました。
それを支えてくれる知識が得られました。問題・課題の意識の似た人たちと時間を共有できて嬉しかったです。
まずは自分のビジョンは何なのか。不安になった時はそこに立ち戻ることの大切さを実感できました。
とても丁寧に分かりやすく説明していただきました。
マーケティングから人間関係まで、幅広く話が広がり、自分の求めていた以上のことを得られました。
ありがとうございました!

 

こちらこそ、みなさんありがとうございました。
また起業準備シリーズ第二弾を構想中ですので、また再会しましょう!
って、参加したみなさんは臨床共育TVなどでフォローアップするからWeb上でいつでもどこでも繋がってますね!


臨床共育メンター 齋藤 信

追伸:動画教材は購入可能です!

あ、そうそう。忘れてました。
今回、講義で使った動画教材は、既に公開中です!
100名様までは先行購入割引中です!
14,800円9,800円税込
あと70名ほどですので、購入はお早めに。
もちろん、次回開催時には、教材分の割引も適応になりますよ〜!
>>> http://saito-makoto.jp/post_lp/th_marketing/

 

 
マーケティング入門講座報告

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。