管理職養成12回コース

あなたが成長を実感できない3つの理由:成長力(01)【臨床共育マネジメント】(13)

守破離で学ぶリハビリ療法士の成長

From:IAIR副会長 齋藤 信

 

あなたは、どんな時に「成長した」と実感しますか?
誰かに褒められた時でしょうか?
出来なかったことができるようになった時でしょうか?
それとも、気が付いたら周りの人たちに一目置かれるようになった時でしょうか?

ということで、今日は「成長力」をテーマにお話しましょう。

動画リンク >>> https://youtu.be/Tl-87xNyMio

◆ 成長を定義すると??

では臨床共育のなかで言う成長とは何かを定義したいのですが……答えを先に言ってしまうのでは、あなたの成長につながりませんね。

まずは、あなた自身に考えてもらいましょうか。

一般的には育ち成熟していくことが成長です。ですが、その言葉のままでは少しばかり抽象的ですね。

リハビリセラピストにとって……いち療法士としての成長とは、一体何なのでしょう?
いち職業人として、何をもって成長したと言えるのでしょう?
あなたの中にある「成長」を定義すると、どんな言葉で表現できるのでしょう?

◆ 成熟した療法士とは?

色々質問してしまいましたが、実は「成長」を自ら定義することが臨床共育の第一歩です。
自分で思っている成長とは何で、そこに到達することで成熟した療法士になれたと実感することです。

おや、そうするともう一つ疑問が出てきてしまいました。

成熟した療法士」ってどんな姿なのでしょう?

これまたどんなものなのかイメージがつきませんね。

自分自身がどんな療法士で在りたいのか、その姿を明確にイメージすることは、目標設定や方向感覚の内容を振り返ることで解決します。
少しキツイことを言えば、夢や理想……つまり人生の目的がなければ「成長」出来ないのです。

◆ どんな時に成長する?

かなりキッツイ、ボディーブローになっちゃったかな?

ゴールがなければ、どこに向かっていいかわからない。どこに向かっていいかわからなければ、計画も立たないし、計画が立たなければ行動できないのは道理です。
ですが、それを探す過程でもがき苦しむことで成長してしまう場合もあります。
もしかしたら、場合ではなくほとんどかもしれませんね。

◆ 守破離で考える!

いい加減言うとしましょう……臨床共育でいう「成長」とは何か?

それは「自分の新たな能力を発見すること」です。

ですが、まだまだ浅い部分の話です。臨床共育のでいう「成長」は三段階のステージがあります。

守破離」という言葉はご存知ですか?

日本の武道や伝統芸能で言われる師弟関係を表した言葉です。
守る」、「破る」、「離れる」の三段階になっており、僕は臨床実習指導を行っていた頃からこの守破離と臨床教育……いえ療法士教育に共通項が非常に多いことを実感しておりました。

」=師の教えを守り型通りにできるようになる=「枠のなかで優秀な能力を発揮できる者」

」=師の教えを土台に、師以外の考えを加えて型を変えていく=「経験と修練から枠を変え変革する者」

」=師の型も師以外の考えも超え、自分の思想を生み新たな流派を創る=「新たな枠を生み出す創造者」

この三段階です。
さて、今のあなたはどこのステージにいるでしょう?

◆ 形無しではなく型破りの道へ!

この過程を踏むことで、あなたは成長できます。
臨床共育の成長とは「守破離の過程を踏むことで得られる型を創造した姿」です。

もちろん、今回僕が話した内容はあなたに療法士としての「」を提案したに過ぎません。
守破離を謳うこと=僕を超えて新たな成長の枠を提案してOKということです。

それこそが共育です。

あなたと共に育むことで、臨床現場はもっと良くなります。
まずは型を学び、形無しを脱出してから型破りをしていきましょう!

臨床共育メンターTM齋藤信
IAIR副会長 関東支部代表

臨床共育メンター 齋藤 信

追伸 1

リハビリプレゼン大会プレゼンターを養成します!
4月1日(土)に講義をして、翌日2日(日)にプレゼン作成グループコーチングを!
教えて終わりではなく、自分のプレゼンを作るまでガッチリ面倒をみます!
濃い2日間ですが、一生使える、相手を仲間に引き入れる技の全てを教えちゃいます!
>>> 感動プレゼンマスター講座詳細

追伸2

IAIR関東学会春の陣では、結果が出せるリハビリテクニックが体験できます。
参加申し込みは始まっております。今スクチェックです!
>>> IAIR関東学会MATURI【春の陣】

IAIR関東支部学会【春の陣】
 
守破離で学ぶリハビリ療法士の成長

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。