管理職養成12回コース

毎年目標を立てても達成できない人5つのダメポイント:目標設定(1)【臨床共育マネジメント】(07)

From:IAIR副会長 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。
臨床恐育を共育にCHANGEする!
臨床共育メンター養成講座のお時間です。

今回は「目標設定」をテーマにお話しします。
いつもついつい盛り上がって、話や内容を盛ってしまいますので、今日はシンプルに行きます。
目標設定をテーマと言いましたが、正確には「設定した目標を評価する」がテーマです。

動画リンク >>>https://youtu.be/3N8zHIUeIwM

 

◆設定した目標を評価するってどういうこと?

と言うのも、あなたはこれまで目標をたててきた経験値はあるかと思います。
ですが、誰かに教えてもらったのかと言えば、曖昧な方が多いですね。
じっくり教えてくれる学校は過去から現在にかけても実に少ない。
実習に出て、齋藤のマネジメント講座や作業療法学生虎の巻などを読んでくれた方が教えてくれているなら嬉しい限りですが。それでも、ねえ。
ですので、今あなたがたてている目標をベースに、適切な目標設定ができているかどうかをチェックしちゃいましょう!

 


会員登録すると全文掲載版が閲覧できます!


◆実は方向感覚+目標設定がポイント!

お気づきかと思いますが、前回の方向感覚について考えてもらったのにはワケがあります。
方向感覚を鍛えていくと、あなたの人生の目的が明確になります。
目的が出来ても、それをより具体的なステップに落とし込まないと行動できないのが人間です。
小さな一歩を踏み出すためにも、ぜひ前回の方向感覚とセットで考えてみてくださいね。

%e9%bd%8b%e8%97%a4_%e5%8b%95%e7%94%bb%e7%94%a802
IAIR副会長
臨床共育メンター 齋藤 信

追伸 1

目標設定……僕の作成したものを今度公開しますか。
僕がなぜ第三回IAIR学会でプレゼン大会をしたいのか???
もっともっともっと、お伝えしなきゃわかりませんよね。

追伸2

僕の話はいいから臨床共育メソッドを学びたい方はこちら
>>> http://saito-makoto.jp/rkt/

追伸 3

地道に参加者増加中。
地方在住でなかなか参加できない方に、Eラーニングをオススメしています。
詳細 >>> http://otjyuku.net/post_lp/kokoroex 

追伸 4

IAIR申込ページに登録はしましたか?
今後、IAIRの講義は全てこのページからの申込になります。

東北:https://iair-member.jp/touhoku/html/ 
関東:https://iair-member.jp/kantou/html/ 
北陸:https://iair-member.jp/hokuriku/html/ 
東海(本部):https://iair-member.jp/toukai/html/ 
関西:https://iair-member.jp/kansai/html/ 
九州:https://iair-member.jp/kyusyu/html/ 
ILPT:https://iair-member.jp/ilpt/html/ 
※DVDご購入者は「東海(本部)」からお願いいたします。

 

 

◆ 教材一覧◆

予習講座 マインドマップ_速読術 目標設定講座_入門編 マインドマップ_入門 セルフマネジ01 セルフマネジ02 セルフマネジ01 セルフマネジ02 mm%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b001 mm%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b002

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。