第三回IAIR学術大会10/28.29

あなたは新しい体験をしていますか?

あなたは新しい体験をしていますか?

毎日新しい体験をすることで認知症予防になるとは、一般の方達にも周知の事実となっています。きっとあなたも患者さんに「新しいことをしましょう」などと言った経験があるのではありませんか?

ですが、さて、あなたは自分の生活の中で新しい体験をしているでしょうか?

この質問をされた8割の方は「新しい体験などしていない」と言ってきます。

さすがに療法士としてどうでしょう?

確かに先輩を見ても、管理職を見ても、勉強会に行かず、学会にも行かず、周囲に対して批判や不満だけで、毎日同じこと、同じ話、同じリハビリテーションを繰り返しているだけの方もいますね。

確かに、毎日同じことだけしていれば、同じ給料が入りますし、同じ時間に帰って、自分の生活が続いていく……自分の今の生活をあえて変えようと思わないのかもしれません。

ですが、それは2割の方だけです。

働き蜂の法則から言えば、2:6:2の割合で、働かない働き蜂が出てきます。

そう、たまたま見知った療法士がその働かない2割だったのかもしれません。

他の8割の療法士達が、常にリハビリテーションについて考え、1日1%でも新しい体験をして学びを積み重ねているんです。

1日1%だったとしても、たった3〜4ヶ月で100%を超えます。

数ヶ月前とは全く別人のような療法士にどんどんどんどん成長しているんです。

もう一つ別なお話をしましょう。

今、リハビリテーションの包括化が噂されていますね。

財源が無いことや、これまでの療法士が明確な効果としてプレゼンできていなかったこと、緊急性が無いと思われており、より緊急性の高い医療を優先されている現実があります。超高齢化社会において、抗がん剤などの薬剤費は10兆を超えていますし、2025年には医療費だけで50兆を超えるという試算がなされています。

さて、そんな状況下において、明確な効果をプレゼンしてこなかったリハビリが包括化され、入院基本料のなかでやるだけで赤字になっていくようになったら、療法士たちは安穏と毎日同じリハビリテーションをし続けられるのでしょうか?

NOですね。

おそらく、全員臨時職員にして、時給で、しかも社会保険の対象外、フリーターと同じ扱いになることだって全く無いとは言い切れません。

ただ、勘違いして欲しく無いのは、今話した内容が現実になろうがなるまいが、今のところどうでもいいんです。

むしろこの場では、「もしも◯◯なら……」と考える癖があるかどうか、なのです。

もう少し現実的な話をすれば、保険診療下で働く限り、毎回の改訂毎にてんやわんやしていることでしょう。

ですが、「もしも◯◯なら……」と考える癖があるなら、事前準備もできますし、思考したことで気づきやアイデアをひろげる切っ掛けにもなるんです。

さて、もうお分かりですよね。

あなたは今、選択に迫られています。

選択肢は2つ。

  • 新しい体験をするために行動する。
  • 今まで通りでいいから行動しない。

もちろん、2割の働かない働き蜂ではないあなたなら、むしろ最高のパフォーマンスが発揮できる最高の2割になりたいあなたなら、「行動する」という選択をしたことでしょう。

これからの医療、リハビリは大きく変わってきます。

インフォームドコンセントからインフォームド”チョイスに……患者さんと一緒に選択する医療に変わってきます。

そこに在って、医療人であるあなたが自ら選択したことにこそ、大きな価値があるのです。

あとは、どんな行動をするかです。

あなたのリハビリを待つ患者さんの為に、新たな選択をしてくださいね。

臨床共育メンターTM齋藤信
IAIR副会長
IAIR関東支部代表 齋藤 信

皆さんへの提案です。

来たる2017年4月29、30日にIAIR関東支部学会【春の陣】を開催します!

もちろん、楽しくなければ学びじゃない!がIAIRの学会です。

楽しい学会として、2017年の第三回大会に華を添えられたらいいな〜と、ワークショップやイベントを盛り込んだ、学会というよりお祭りを行います。

今回は特別講演として全盲のシンガーソングライター大嶋潤子先生にご登壇いただきます。

先生が32歳の時に失明し、どんな選択をして、どんな人生を歩んできたのか。
講演とコンサートをしていただいちゃいます!

一生リハビリをお仕事にしていく僕らだからこそ、多くの気づきが得られることでしょう。

また、関東支部代表プレゼンター選抜プレゼン大会、テクニックコンテスト、本気のIAIRイントラ相談ブース、赤羽先生に無理矢理依頼中の特別講義、副支部長トークバトルショーなどなど……土曜日をワークショップ祭、日曜日を特別講演&楽しい講義を準備してお待ちしております。

IAIR関東支部学会【春の陣】

開催日:2017年4月29日(土) 13時〜17時 ワークショップ祭、17時〜20時 懇親会
    2017年4月30日(日) 10時〜16時 学会本大会

会 場:板橋区グリーンホール

参加費:ワークショップ祭 3,000円税込
    懇親会 4,000円税込
    学会本大会 3,000円税込

詳細ページ >>> https://www.facebook.com/events/547074962166258/
申込ページ >>> https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=85

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。