管理職養成12回コース

権力を振りかざしても人はついてこない!【臨床共育マネジメント】(04)

From:IAIR副会長 齋藤 信

◆教育が世界を変える!

皆さんは、自分の手で世界を変えたいと思ったことはありますか?
一切何の制限も無いとしたら、あなたは世界を変えるために何をしますか?

僕なら「教育」をします。

もちろん「共育」が大切、「共育」が常識であり、攻撃的な教育は誰も行わない世界。

競争をしても、常に昨日の自分、理想の自分との競争であり、誰かより優れていることに喜びを感じ、誰かを貶める競争をしない世界。

そうすれば精神的にも経済的にも豊かな人が増え、もっと、もっともっと、世の中が良くなります。

そんな「教育」→「共育」をします。

あらためて伺います。
あなたなら、世界を変えるために何をしますか?

動画リンク https://youtu.be/I_ALJ60r7GM

◆誰も教育に恐れを持ち込んではいけない!

今回も講義スタイルを変えてみました。
どの視聴パターンがみなさんはお好みだったでしょうか?

さてさて、今回は2つのモデル……型をお伝えしました。
上司と言われる人たちは、すでに世の中が変わったことを実感しなければなりません。
そして変わったことに対して、自らの軸をブラさず、目的にあわせて伝え方、やり方、考え方を変えていきましょう。

ベースとなる学校教育の違う世代が集まって、組織を動かしているんです。
叩き上げ世代、調整の世代、ゆとり世代、悟り世代……
お互いの受けてきた教育を認め合い、補完し合いましょう!

「共育」を知る僕らなら、それができます!

%e9%bd%8b%e8%97%a4_%e5%8b%95%e7%94%bb%e7%94%a802
IAIR 副会長

臨床共育メンター 齋藤 信

 

追伸 1

今回、僕自身もみなさんへの「共育」の大切さを実感しました。
年内の講義は予定が全て終了。2017年は1月5日から……
そう、僕の記念すべき40歳の誕生日から講義開始です!
体験講座>>> http://saito-makoto.jp/rkt/ 

 

追伸 2

地道に参加者増加中。
地方在住でなかなか参加できない方に、Eラーニングをオススメしています。
詳細 >>> http://otjyuku.net/post_lp/kokoroex 

 

追伸 3

IAIR申込ページに登録はしましたか?
今後、IAIRの講義は全てこのページからの申込になります。

東北:https://iair-member.jp/touhoku/html/ 
関東:https://iair-member.jp/kantou/html/ 
北陸:https://iair-member.jp/hokuriku/html/ 
東海(本部):https://iair-member.jp/toukai/html/ 
関西:https://iair-member.jp/kansai/html/ 
九州:https://iair-member.jp/kyusyu/html/ 
ILPT:https://iair-member.jp/ilpt/html/ 
※DVDご購入者は「東海(本部)」からお願いいたします。

 

◆ 教材一覧◆

予習講座 マインドマップ_速読術 

目標設定講座_入門編 マインドマップ_入門 

セルフマネジ01 セルフマネジ02 

mm%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b001 mm%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b002 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。