管理職養成12回コース

仕事の型の学び方【目考!リハ科経営塾】(64)

From:IAIR-GM 齋藤 信

仕事の型

みなさん、こんにちは。

IAIR グランドマネジャー 齋藤 信です。

 

先週は冬の実感……なんて話し始めをしてみたところ、よくよく考えてみれば暦の上では春。

これは失敗失敗。

こんなんじゃあ、作業療法士って言えませんね。

 

人と生活を考えるのが作業療法士。

だとしたら、日本で生きていくなら日本の風習を、そして地域の風習を知っておかなきゃ拙いな~と思う次第です。

とはいえ、まだまだ若造(と思っていますが)の僕では出せない作業療法の深みというものもあります。

そこで、せっかくなのでダメ元と思ってお願いしてみれば……

第二回IAIR学術大会でご講演いただけることになりました。

 

そう、僕も含め、数多の作業療法士、作業療法士を目指す者が尊敬するこの方……

山根寛先生です!

山根寛先生と齋藤信

皆様には悪いですが、僕は特等席で先生のお話しを聴かせていただきます。

もちろん、皆様の席も準備しておりますよ。

でも、だからって、ちょっと譲りたくないなぁ~なんてね。

 

失礼しました。

 

第二回IAIR学術大会の詳細・申込は、IAIR本部のHPにございますので、是非是非、ご覧ください。
そして、どしどし申し込んでくださいね。

>>> http://iairjapan.jp/

 

 

おっと、マネジメントコラムだってことを忘れてしまうところでした。

改めまして、本日も「目考!リハ科経営塾」を始めていきましょう。

 

 

今回のテーマは「型」についてです。

僕は今、居合の修行をしています。

ご存知無い方にしてみれば、剣道やチャンバラ、時代劇の殺陣と見分けがつかないことでしょう。

 

今日のところは居合が何かを説明したいものではないので……そうですね……

暴れん坊将軍の松平健の「成敗」シーンを患者さん達と観てみてください。

居合とは違いますが、本日の話題のキモに触れています。

テーマとしてあげたように「型」についてです。

 

何事もそうなのですが、右も左も知らない新人時代に学ぶべきことは個性の出し方ではなく、「型」なんです。

もう少し噛み砕いて言えば、マニュアル。

どんな仕事にも「型」があります。

それを文字化、文書化、画像化、映像化したものがマニュアルです。

そして、そのマニュアルは組織の理念を体現するため、再現するために作られたものです。

 

組織として……

  • どんな理念があるのか?
  • 何を目的に活動しているか?
  • 目的に到達するために、どんな目標を立てているか?
  • 目標達成のために、部門長に求められていることははにか?
  • 一般職は何を求められているのか?
  • 具体的にどんなサービスを提供するか?

などなど、明確に提示されたものです。

 

それが無い組織となれば、チト厄介。

 

何せ、型が無いのですから、いわゆる「形無し」

意味は、本来の形を失い無価値な様。

組織として、そもそも成り立っちゃいないということになります。

 

朝令暮改が上司の常のように言いますが、それこそ形無し上司はその内容がヒドイ。

理念や目的を見失っているのですから、自分の正義を振りかざして、組織の軸とはブレブレ。

こうなっては部下が付いて行こうにも、付く気すらなくなりますよね。

 

他方、個性をもっと出してくれ!

と要求する組織や、上司、療法士本人自身も型がなければ、自分の個性を知ることすらできやしません。

型があってこそ、個性が出せる。

これを「型破り」といいます。

 

さて、それを踏まえて、あなたは今、いったいどんな立ち位置にいるのでしょう?

仕事の型が無い職場は論外ですが、少なくとも上司先輩がある程度道筋を照らしてくれている。

それなら、まずその上司先輩の仕事の型を学ぶ。

それが、第一歩。

 

 

「型」や「マニュアル」通りにやることを嫌がったり、ダサい、カッコワルいと言う若手が少なからずおりますね。

ですが、そんなことを言っている方が格好悪い!

現代マネジメントの父、ドラッカーもマネジメントを構築するにあたって渋沢栄一氏に影響を受けており、書籍のなかでそれを自ら語ってもいます。

ドラッカーですら、知らないことがあれば、他の人から学ぶんです。

そして、他人から学んだことだからと卑下することもありません。

型を教えてくれる人がいる。

それほど、幸せなことはありません。

 

もし、今、現場にマニュアル……仕事の型があるのなら、真摯にそれを学んでみてください。

何も焦ることはありません。

あなたが働く職場には、その職場の型が必ずあります。

焦って、自分探しの旅に出る前に、あなたの職場で学べることを学び切ってしまいましょう。

 

と、いう事で「仕事の型の学び方」についてお話ししました。

なにはともあれ、まずは職場のマニュアルを見直す事。

それが最初にあなたがする事です。

 

【本日のまとめ】

「仕事の型=マニュアルを学ぶべし」

  • 型無し=マニュアルにあることすら出来ない奴は、本当の価値を再現できない。
  • 型破り=マニュアルにあることができて、初めて個性的なサービスができる。
  • 型を学ぶのに、立場や年齢は関係ない。

 

IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

3月20日(日)2016年マインドマッププラクティショナー養成講座in東京を開催します。
院内で情報共有メソッドとしてマインドマップを教えてみたいという方はおりますか?
今回、1日速習コースでガッチリ行います!
>>> http://saito-makoto.jp/mindmaptokyo/ 

 

 

追伸 2

更に、マインドマップを覚えた翌日3月21日(祝)は、マインドマップ速読術。
これまで、最大で10倍の速度まで上がった受講生を輩出したこのコース。
あなたの脳に最も適した速読術を手に入れ、積み重なった本の山を一気になくしてしまいませんか?
>>> http://saito-makoto.jp/speedreading/

 

 

追伸 3

今なら相談料無料中!
あなたのリハ科経営の悩みをメルマガでお答えします。
>>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UkDpwsUIRnM

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。