第三回IAIR学術大会10/28.29

最高の成果を出す為にするたった1つの方法

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

よく人は比較する生き物だと言う。
成果への道

確かにその通り。

僕も激しく同意だ。

でも、多くの人は、その比較対象を前に自信を失ってしまう。

 

「え? そこまでやらなきゃダメなの?」

「いやいや、むりムリ無理!」

「あなたはできる。私はできない」

 

何でもやっている人、自信満々で行動している人、大きな成果を出した人。

そんな人を前にすると、途端に気持ちの炎が種火ほどになってしまう。

 

それは、出来なかった過去の自分と、相手の現在を比較しているから。

 

どんな人だって、いきなり何でもできるわけじゃない。

誰だって、スタートラインは同じ赤ん坊。

 

  • 遺伝的な要素?
  • 周囲の環境?
  • 親の教育?

 

まあ、あるね。

でも、あなたの裁量でどうにかなることなの?

 

そんなことよりも、成功している人が、常々何をしているかに注目しよう。

イチローの何が凄いって、毎日同じことを同じように繰り返していること。

健康で、身体も柔軟。いつもハッピーにリハビリをして結果を出している療法士は、毎日自分の身体を整えている。

 

毎日地道なことをしているから成功している。

 

過去は出来なかった。

でも、今は継続したおかげでできる。

 

努力した奴だけ、泣ける。

うまくいかないから、悔しくて腹が立つ。

もし、あなたの感情が何も動いていないなら、努力が足りない証拠。

 

やってる?

ムカつく?

OK!

 

その感情をエネルギーに変えて、行動しよう。

最高の1……つまり成果を手に入れたいなら、100の努力をするのみ!

 

比較なんて馬鹿らしことに使う時間は1秒だってありゃしない。

 

齋藤信2015
IAIR グランドマネジャー

臨床実習アドバイザー™
どM貴公子(R)齋藤 信

 

追伸

さて……仙台開催……
東北初開催ですが、まだ参加を迷ってる?

・5月3、4日:エンタメプレゼンマスター講座(仙台)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/entame01/ 
・5月5日(火):マインドマップ入門(仙台)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/mindmapsendai/
・5月6日(水):脳と学習のメカニズム(仙台)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/potbm/
・5月16日(土):精神科OTのための身体アプローチ入門(東京)
  詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/seminars/potbody/
・5月17日(日):精神科OTのための脳内セロトニン活性集団療法入門(東京)
  詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/kokoroex01/
・6月6日(土):マインドマップ入門:自己分析編/チーム活用編(東京)
  詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/seminars/midmap01/
・6月7日(日):強み発見!セルフブランディング講座(東京)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/saitosemi/ 
・6月20日(土):脳と学習のメカニズム(東京)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/potbm/

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。