第三回IAIR学術大会10/28.29

脳のエンジンルームを探せ!

From:臨床実習アドバイザー™ 齋藤 信

 

脳、というと……

おそらく療法士、あるいは療法士を目指す学生の皆さんは、学校で学んだことを思い浮かべたのでは?

ですが、さて……

 

脳に活力をもたらしているものとは、
一体なんなのでしょう?

 

そう、脳のエンジンルームを探して欲しいんです。

 

どうです?

何か思い当たったことはありますか?

脳エンジン

 

構造的に考えた方は、血流であるとか、

右脳や左脳、脳梁などを思い浮かべたのかな?

はたまた、電気信号であるとか、シナプスの経路?

 

残念!

 

それはあくまで、エンジンで生まれたエネルギーを
効果的に体現するためのものです。

 

そう、実は脳のエンジンルームは物理的には存在しません。

 

脳のエンジンルームとは、想像力です。

 

脳の第一言語でもあるイメージ。

それこそが、人を人たらしめている、
高性能のF1エンジンなんです。

 

もちろん、誰の脳もF1の潜在能力を秘めています。

ですが、その脳力も使いこなせなければ宝の持ち腐れ。

 

毎日ちょっとでいいんです。

ちょっとだけ、意識して潜在脳力を引き出していきましょう。

 

ということで、突然ですが、脳力アップワークをします!

 

Q1「割り箸を使って、生き物を作ることはできますか?」

Q2「その理由も説明してください」

 

 

齋藤の独断と偏見で、超絶面白い回答をくれた方には、

豪華プレゼントを準備しちゃいます!

さあ、レッツ・チャレンジ!

(*回答はFacebookコメントにてお願いします!)

齋藤信2015
臨床実習アドバイザー™

齋藤 信

追伸
どうやら……まだまだ検討の余地ありですね。
何がって、サイトーゼミ。
みなさんの問題解決につながる一手をどんどん公開していきますね。

 

追伸 2
サイトーゼミって何?
臨床実習アドバイザー™齋藤信直伝の臨床教育ノウハウを公開中です。
>>> http://saito-makoto.jp/

 

 

 ▼ ▼ ▼ ▼ 回答はここから! ▼ ▼ ▼ ▼

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。