第三回IAIR学術大会10/28.29

IAIR-Radio関東版 アロマ女子増加中?

 From:IAIR関東支部代表 齋藤 信

 

皆さん、こんにちは。

お盆休み、、、って皆さんあるのかな?

そんななかではございますが、今回はIAIR-Radio関東版をお贈りします!

今回は、IAIR女子会部長! セラピスト講師の中澤里美を紹介します!

 

どうです?

実はアロマの効果は無限大!

これからのリハビリの常識になるツールです。

 

ぜひこれから一緒に学んでみませんか?

 

齋藤

 

「メディカルアロマリハビリテーション(MART:Medical Aroma Rehabilitation Therapy)」 の始動!

癒しの現場で大変効果を出している、
アロマテラピーを医療やリハビリの現場でも取り込んでいけるように、
体系化したものを、お伝えしていきます。

現場でこのようなお悩みはありませんか??

・患者さんのメンタル面が落ち着かなくて、何も介入できない…
・リハビリが進まないことを、患者さんの性格、メンタルのせいにしている…
・痛みへの“不安”が患者さんの筋緊張を高めていることは分かるけど、
 何をしてあげたらいいか分からない…
・慢性期で患者さんの覚醒や意欲が低くて、積極的にリハビリが行えない…
・自分自身のコミュニケーションや触診技術に不安がある…
・正直、自分自身が疲れていて患者さんへのリハビリどころではない…

いかがでしょうか??

さて、みなさんは
「リハビリテーション=身体のリハビリ」と捉えていますか?

私たちも含め、
患者さんはおそらくそのように理解していることが多いでしょう。

ただ、実際の現場では、
必ず患者さんの【心の状態】への働きかけが非常に大事になりますよね。

病気やケガによって、
間違いなく身体だけでなく、心にもダメージがあります。

ここに、フォーカスせずにリハビリを進めていくことはとても難しいのです。

大事なのは、分かっているけど、
どうしたらいいの??

声かけ?励まし?
家族に好きな食べ物を持ってきてもらって食べてもらう?
好きな音楽とか聞いてもらう?

私自身が臨床でいた時は、
とにかく、声掛け、言葉かけでなんとかしよう!!とか。
時には、患者さんが好きそうな音楽をCDにまとめてプレゼントしたりとしていました。

今考えると、
よくよく考えず、勢いだけで行動していたと、
省みております^^;

今となってはですが、
脳科学や心理学を学ぶにつれて、
なぜ、患者さんがそのような行動、思考をたどるのかが
分かってくるようになりました。

身体をいい状態に保つためには、
ホメオスタシス(恒常性)がはたらいて、
身体のバランスを取ってもらうことが大事になります。

ホメオスタシスが働くフィールドは、
大きく3つです。

1,自律神経系
2、内分泌系(ホルモン系)
3、免疫系

この3つです。

こころの状態をは、
その人の「頭のなか」にあります。

つまりは、脳内ホルモンの働き、
バランスが保たれているかどうかが鍵となることが明らかです。

セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授、
有田秀穂医師(MART監修、協力)は、
人はストレスを緩和するために、セロトニンというホルモン
が分泌されていると明言しています。

こういった脳環境への調整の為に、
お手軽な手段として、
アロマテラピーを現場に落とし込んでいきます。

アロマテラピーとは、芳香療法という自然療法の一つですね。 

アロマテラピーは、癒しの分野で大変効果のあるものとして、
使われていましたが、
現在は医療の現場でも取り入れられるようになってきています。

今回IAIRでは、有田秀穂先生協力のもと、
脳科学、心理学をベースに 
リハビリテーション現場での、 
アロマテラピーを用いたアプローチ法を体系化致しました。 

それが、 
【メディカルアロマリハビリテーション】 
(MART:Medical Aroma Rehabilitation Therapy) 
です。 

ストレスケアが重要視されている現代では、 
アロマテラピーの効果は多方面において認められています。 

アロマテラピーは、心の癒しとして一般に利用されています。 
この癒しの効果を脳科学、心理学から考えるとリハビリテーションにおいて、 
治療の観点から考えても、とても有効な手段であることが分かっています。 

心身ともに関わりが必要なリハビリテーションの現場で、 
セラピストとして何かもっと出来ることがあるのではないかと言う方に、 
ぜひ知ってほしい内容となっております。 

詳細はコチラ >>> http://iairjapan.jp/aroma/ 

============================ 

【MART入門編】 

東京:平成27年9月6日(日) 
大阪:平成27年10月25日(日) 

時間:10〜15時 

============================ 

詳細はコチラ >>> http://iairjapan.jp/aroma/

 

 

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。