第三回IAIR学術大会10/28.29

第6期スタート!2016.05.15骨盤セミナー1 復習ブログ

2016.05.15「骨盤の評価と治療1 in東京」

先日はセミナー受講お疲れ様でした。

(*)が復習項目となっていますので、 受講された方は講義内容を思い出しながら読んで下さいね。

写真は一部昨年度(第5期)のを使用しています。ご了承下さい。

 

講師は関東支部長、齋藤GM。

骨盤1

■座学:頭蓋骨から始まる骨盤の変位について

■頭蓋骨の触診

前頭骨と後頭骨の左右差を診ます。

*指先ではなく指の腹で診ましょう
*後頭骨はおでこと左右逆にぽっこりします。

DSC_0467

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ IP診断:

DSC_0467

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RPI:右のおでこが出ていて左の腸骨が上がっている

LPI:左のおでこが出ていて右の腸骨が上がっている

 

■仙腸関節から始まる全身への筋連鎖の評価

大腿四頭筋、ハムスト、脊柱起立筋、腹直筋、大胸筋など様々な部位に影響が出ます。

出ない場合もあります。

 

*指標の簡単な覚え方:

RPIでは上半身は右前面と左後面、下半身はその反対側に出ます。

LPIはその真逆

WPIはイレギュラーに出ます

DSC_0483

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんで指標の変化を確認: 仙腸関節を一時的に正しいアライメントに戻すだけでも圧痛は軽減されます !

不思議なように感じるかもしれませんが、単に筋の起始停止の関係でそうなります。 もちろん、仙腸関節の治療 (デモ)で先程取った指標の圧痛が消えます。

 

■仙腸関節の触診

まずはPSISの触診から。

DSC_0471

 

 

 

 

 

 

 

腸骨稜からしっかりたどっていき、PSISの頂点を探しましょう。

骨を触る事が重要!骨to骨のタッチ!
*PSISが分からなくなったらもう一度腸骨稜に戻りましょう!

確実にわかるランドマークからたどっていくことが重要です。

腸骨稜がわかりにくい場合はASISからたどっていってもいいですよ。

 

■仙腸関節の施術姿勢

*しっかり後ろ足の股関節を伸展位にしましょう!(重要)

DSC_0486

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めはきついですが、やればやるほど効率の良さが分かり治療姿勢なので、 諦めず頑張りましょう!下肢の血流が改善されるので美脚効果もあり!

目線もあげましょう。目線が下がると体重がかかってしまいますよ。

 

■仙腸関節の調整方法

*コンタクトポイント:PSISのすぐ外(腸骨を動かすので)
*施術者の手の骨と受け手のPSISの骨をコンタクトするイメージで!

*とにかくしっかり両方のPSISを近づける様に締めるべし!! 「目的」を常に明確に!! これがずれなければ必ず結果が出せる様になります!

骨盤2 骨盤4

*名札をしながら治療する場合は名札が自然に垂れたときに
治療部位の真上にくる位置が良いポジションです。

 

■その他、仙腸関節治療のポイント:

*上下の歪みは締めることが十分に出来てから(骨盤2でやります)

まずは左右のゆがみを取ることを続けて下さいね。

 

腕(大胸筋)の力でなく体幹(前鋸筋)の力を使いましょう。

骨盤3

うまく使えばこのような姿勢も取れます。

疲労もありません。

 

■股関節テクニック①

DSC_0497

 

 

 

 

 

 

 

受け手の膝蓋骨に足を当てますよ。

*股関節を外旋させる前にしっかり骨頭を引き出しましょう!
これが最重要!

骨to骨タッチを忘れずに!

軟部組織タッチではコンタクトポイントが滑って効きません!

 

■股関節テクニック②

骨盤6

*骨頭を引き出す前にしっかり上下圧を加えましょう!
*上下圧を一定に保ちながら骨頭を引き出す!

 

イメージが着きづらい方へ

上写真の場合、右手を受けての踵方向へ押し、その後右手は押さえたまま反時計回りに回します。回すのは2~3回でいいです。

これを腋窩に着く位まで繰り返します。

身体が硬いくてつかない方もいらっしゃいますので、ある程度加減してくださいね。

 

■ブロック(またはタオル)を使った仙腸関節の調整法 :

DSC_0501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*RPIは左ASIS前と右大転子前
*LPIは左大転子前と右ASIS前
*WPIは両大転子前 SOTブロックかバスタオルを折りたたんで使用しましょう

こちらは骨盤2で再度お知らせ致します。

 

いかがでしたか?

1日15分復習を1ヵ月まずはやってみましょう。

仙腸関節を閉めるのは大変だと思います。

股関節伸展の姿勢が難しいですよね。

ですがまずは教わったやり方を続けてみて下さい。

意識してやるのとやらないのでは変わりますよ。

それでは6/11骨盤2でまたお会いしましょう!!

今回記入して頂きましたエントリーシートをお忘れずにお持ち下さいね~。

 

IAIR関東

認定インストラクター

大戸伸吾

 

P.S.

まとめ払いをしているけど、認定講座へのお申込みをされていない方は

こちらから一度にお申込み頂けます。

(関東支部で開催される認定セミナー限定です)

今年は早い段階で満席になると思われますので、お早めにお申し込みくださいね。

申し込みしたかどうか忘れてしまった方は、念のためお申込みください。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す