管理職養成12回コース

書いて覚えるは間違っている!?

 

皆さんこんにちは

国際統合リハビリテーション協会
認定インストラクター

OTの菊入です。

 

コラムでは色々なテーマで書いてきましたが

今日のテーマは

「書いて覚えるは間違っている!?」

 

皆さんは学生時代どんな学習方法をしていましたか?

誰に言われたかは忘れましたが、
自分は「10回書いて覚える」という半ば精神論的なやり方をしていました。

 

今思えばどう考えても効率が悪いですね。

 

 

 

さて、答えを先に言っちゃいます。

 

 

正解でも不正解でもありません。(笑)

 

どういことかと言うと

 

人間は周りの状況を五感を通して感じていますが、人によっての五感の中で優位に使うものがそれぞれ違っています。

大きく分けて3つに分類され、

①視覚優位タイプ

 

②聴覚優位タイプ

 

③体性感覚優位タイプ

に分かれます。

 

そして、この三つのどれが優位なのか、またはどれが低いのか、人それぞれで割合が違います。

極端に視覚が優位な人もいれば、3つバランスの良い人もいます。

これらのパターンを知ることが効率的な学習に繋がるというわけです。

冒頭の書いて覚えるパターンは体性感覚と視覚を優位に使う覚え方なので、聴覚優位の人には効率が悪いものとなります。

 

聴覚優位な人の場合は、朗読したり、
論理的な思考が得意なので、自分で理由付けをしたりすると覚えやすいです。

 

これから資格を取る等、考えている方は、自分の得意なものを考えて学習してみてください。

今日は簡単ですが、これくらいで終わりにしたいと思います。

次回は自分がどれが優位なのか、判別する時の特徴などをご紹介します。

 

セミナーのお知らせ

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2

OTの自分がこれを学んだことで、
ADL動作でも重要な、下肢に対するアプローチがしっかり行えるようになりました。
下肢のアプローチの必要性を感じているOTの方は必見です。
少しでも興味の湧いた方はこちら
日時: 16会場: 砂町文化センター和室

 

 

 

「歩行分析の基礎とアプローチ法」

日   時 :平成29年9月30日(土)/10月1日(日) 10:00~16:00
参加費 :21,384円(税込)〔2日間〕
     10,800円(税込)〔1日目のみ〕
※1日目のみの受講はB-class(旧Basic1,2)終了、もしくは終了予定の方限定とさせていただきます。
https://iairjapan.jp/events/event/gait_approach

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す