第三回IAIR学術大会10/28.29

信頼関係を築く話し方の3つのポイント 認めること

みなさんこんにちは

IAIR関東支部認定インストラクター

OTの菊入です。

 

この4月から入職された方々はもうすぐ1ヶ月が経ちますね。

覚えることもたくさんで、忙しい毎日なんじゃないでしょうか?

 

また、これを読んでいる多くの人が先輩という立場になっていると思います。
後輩の話を聞いてあげる時にも、役に立つと思いますので、よろしければ、試してみてください。

 

前回は「バックトラッキング」でしたね。

相手の話した言葉の一部を繰り返すことで、相手は話をしっかり聞いてもらっているという、実感を感じてもらえます。

まだ見ていない方はこちらを見てみてください。>>>前回のコラム

今日のポイント『認めること』

 

今日はポイントの3つ目、『認めること』でしたね

 

ここで言う認めることと言うのは、相手の存在を認め、否定しないということです。

 

存在を認めるって?

 

ついつい人は自分と違う考えや行動をする人に対して、「それは違うでしょ!」と言いたくなりますよね。
かく言う私もそうです。

 

でも人によって、どんな考え方を持っているかは千差万別です。

自分と違う考え方を持った方と出会った時、
ついつい「あなたは間違っている!」と言ってしまったりします。

でもこれは「相手の考え方」を否定したのではなく、
「その人という存在」を否定してしまうことになります。

 

存在そのものを否定されたら、いやですよね?

これでは相手も敵対してしまい、信頼関係は築くことが出来ません。

 

ですので、相手の存在を否定するのではなく、
考え方や行動の仕方について話をしていくといいと言われています。

 

ですから、新人教育などに携わる方は、後輩の指導などで存在そのものを指導するのではなく、

起きた事実に対して、伝えてみてください。

 

※注意点として信頼関係が築けていない場合、否定的な内容は関係が崩れてしまいやすい為、注意が必要です。

 また信頼関係の基本はお互いを知ることですので、こういった話をする前に仕事以外のいろいろな話を聞いていくことで、心を開いてくれるようになりますよ。

 

良ければ参考にしてみてください。

 

追伸:新人の皆さんへ

頑張っているのに、なかなか結果が出せなくて悩んでいませんか?
結果が出せる内容を体験してみませんか?
臨床で結果が出せる徒手的療法セミナー in 東京
開催日時:2017年5月13日(土) 10:00-16:00
会場:板橋区立グリーンホール
受講費:8,532円(税込)

お申し込みはこちら
臨床で結果が出せる徒手的療法セミナー in 東京

/////////////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 認定講習会の案内 ○●—
/////////////////////////////////////////////////////////////

PTOTSTのための 骨盤の評価と調整法
筋連鎖で全身の筋緊張が整う骨盤の評価と調整が身につきます。
詳細はこちらから↓↓↓
【関東】骨盤のの評価と治療

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

IAIR関東支部
認定インストラクター

菊入敬太

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す