管理職養成12回コース

肩甲骨と体幹のつながり

皆さんこんにちは

IAIR認定インストラクター

 

OTの菊入です。

今日は体幹と肩甲骨のつながりについて書かせていただければと思います。

 

肩甲骨は鎖骨を介して胸骨に繋がっていますが、胸郭に乗っかるような形になっていますよね?

この為、肩甲骨の安定性や可動性は胸郭や肩甲骨周囲の筋肉による影響が大きくなっています。

 

その肩甲骨周囲筋の中でも、前鋸筋は筋膜連鎖でスパイラルラインの一部として腹斜筋へとつながり、体幹とも関係性が深くなっています。

体幹を通して、こうした前鋸筋や胸郭に対してアプローチをしていくことで、肩甲骨の動きが良くなることがあります。

 

自分は臨床場面で骨盤を介して前鋸筋に働きかけることをしたりします。

簡単に言うと、骨盤から体幹や胸郭の可動性を引き出すことで、前鋸筋が働きやすい環境を作っていく形です。

詳しいやり方は、セミナーなどでお会いした時に聞いてくださいね。

 

私がアプローチした時には、肩甲骨の動きはもちろん、体幹が働きやすくなるので立位の安定性も向上がみられましたよ。

 

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

追伸:
今日は一部に焦点を当てて紹介しましたが、基本的に動きを促通するする前に、働きやすい環境を作ることが大事だと考えています。

IAIRでは体の阻害因子を引き算のアプローチで取り除いて、身体が持っている本来の力を引き出すことをしています。

あなたも体験してみませんか?

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づくテクニック集セミナー】
開催日時 2017年2月19日(日) 10:00~16:00

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
 》》》http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

 

【OTのOTによるOTのためにセミナー】
開催日時:4月15・16日(土・日) 各日10:00-16:00

会場:都内で調整中
詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す