第三回IAIR学術大会10/28.29

肩の屈曲がもうちょっと…

皆さんこんにちは

 

IAIR関東認定インストラクター

 

OTの菊入です。

 

 

先日はインストラクターとして、筋膜セミナーに参加してきました。

 

 

受講生の方からメルマガを読んでますと、声をかけていただきました。

 

 

 

とっても嬉しいですね~。自分の拙い文章でも読んでいただいていると思うと、

 

 

やる気が出るとともに、気が引き締まる思いです!

 

 

 

そんなわけで、今日も肩について書いてみたいと思います。

 

 

 

タイトルの通り、肩関節の屈曲が出てきたけど、もうちょっとっていう方っていませんか?

 

 

私も肩関節周囲炎の方を担当した際に、屈曲初期の肩関節の痛みは軽減したんですが、

 

肩関節の最終域付近で痛みが残存し、もうちょっと…という方がいらっしゃいました。

 

 

今までも色々な着目ポイントを記事に書いてますので、過去の記事も是非読んでみて下さいね~。

 

 

さて、今回の着目ポイントは…

 

 

 

 

 

腹部です。

 

 

 

お腹の硬さです。

 

以前のブログに肩関節に影響するポイントを書いていますので、イメージがつきにくい方は見てみてください。

>>>http://iairkanto.jp/otk6/

 

 

なぜ、腹部の硬さなのかというと、腹部が硬い方は腹筋群が過緊張になっていたり、腹膜が固くなっていることで

 

肋骨や胸郭の動きを低下させていることがあります。

 

また、脊柱の伸展可動域が低下することで、肩関節の屈曲最終域での脊柱の伸展がでづらくなったりします。

 

 

私の担当した方の場合も、腹部が硬かったので腹部ポンピングテクニックを実施したところ、挙げやすさや最終域での痛みの軽減が得られました。

 

 

 

皆さんも、ちょっと着目してみてくださいね。

 

 

追伸1:

先日の筋膜セミナーでも話されていましたが、身体は膜でつながっていますので、腹部の筋や腹膜の状態が肩に影響すると考えられますし、もっと言うと下肢の問題が肩に影響することも考えられます。

 

追伸2:

筋膜セミナーに参加された方は胸郭出口のテクニックなども、結構有効ですよ。

関東での筋膜セミナーはすでに終わってしまいましたが、他支部での受講はまだ可能です。

>>>http://iairjapan.jp/ai1ec_event/fascia-18/?instance_id=

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す