管理職養成12回コース

【小林さんといえば、お手玉ですよね!】

みなさん、こんにちは。

インストラクターの小林めぐみです。

今月で職場を退職しましたが、先日の送別会での出来事です。

 

「小林さんといえば、お手玉でしょ!」

と、OTの後輩たちが口を揃えて言うのです。

「え?」予想外の言葉に少々驚きました。

 

てっきり、「しょっちゅう外出訓練やっていましたよね」と

言われると思っていました。

月に一度は、患者さんと外出訓練に街に出ていましたからね。

 

さて、そのお手玉ですが・・・

作ったのは、難聴に加えて若干失語症が残存している女性の患者さんでした。

コミュニケーションがスムースにいかず、とにかくストレスが溜まっている様子でした。

失語の訓練はSTさんにお任せし、OTの時間は毎日お手玉作り。

元々手作業がお好きな方でしたので、2人で黙々と作業をしました。

高次脳機能障害もありましたので、必要なところでは声をかけたり一旦手を止めてもらったりしながら行っておりました。

「この時間が本当に楽しいの♪」と乙女のような笑顔で話されていました。

 

ちなみに、お手玉を作った期間は約1ヶ月。

2人で70個ほど作成し、リハビリ科の物品として置くことになりました。

というのも、お手玉を作り替えた方が良いタイミングでありながら、日々の業務に忙殺され誰も作る気配がなかったのです。

上司に相談し、材料費を病院から出していただけるということになりました。

訓練にもなって、物品まで整うなんて、 一石二鳥ですね。笑

 

このような感じで、

「どのようにすればベターな結果が出せるのか」、

「どのようにすれば無いものが作り出せるのか」、

いかに考え周囲を巻き込みながら達成していくのが、OTの醍醐味なのかもしれません。

 

2015年も残りわずかとなりました。

皆様はどのような1年だったでしょうか。

私自身は、公私ともに色々なことがめまぐるしく変化した1年でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

 

IAIR関東インストラクター

小林めぐみ

 

 

追伸: そんな素敵なOTのお仕事に、自信を持てていますか?

OTのOTによるOTのためのセミナー

次回開催決定!!

3月26・27日 土・日曜日

『OTのOTによるOTのためのセミナー』

IAIRテクニックとアクティビティを結びつけることで、 あなたのしている作業療法がより効果的になります。

次の日から作業療法に自信を持って、お仕事しましょう^^

詳細はこちら!

OTのOTによるOTのためのセミナー

追伸2:

「作業も大切だけど、臨床では歩行を見ないといけないんだよね・・・」

新人セラピストでもテクニックの効果を最大限生かせる 歩行の分析法、アプローチの方法をお伝えいたします!

2月27・28日 土・日曜日

臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法 詳しくはこちらから

臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す