第三回IAIR学術大会10/28.29

神経からみた股関節介入で膝関節に与える影響

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

前回は、鵞足について主に深鵞足についてお話しました。

 

今回は膝の神経的な要素を少しお伝えできればと思います。

 

患者さんの中で、

「膝が痛くて整形外科に行ったら股関節の方が悪くて股関節の手術を勧められた。」

なんて方いらっしゃったりしませんでしょうか?

 

私は回復期に勤務していたころに何名かそういった方がいらっしゃったのですが、

股関節の術後(主にTHA)に膝の痛みも良くなったという方も何名かいらっしゃいました。

 

膝関節には二関節筋として股関節から伸びている筋もあったり、
股関節の機能障害が改善されることで膝へのストレスが減り
二次的な要素としての膝の痛みが解消されてくることも考えられます。

 

今回はそんな中で、神経的な問題についてお話ししていきたいと思います。

 

図1

画像新マニピュレーション・アプローチ<下肢>より

 

上記図より、膝関節内側の上部は閉鎖神経領域となっています。

 

閉鎖神経は腰神経叢(Th12~L4)の中の第2~第4腰神経から起こっていますが、

内閉鎖筋の前上方で閉鎖管を通過し,前枝と後枝に分岐します。
そして前枝は恥骨筋と外閉鎖筋の間を走行し,後枝は外閉鎖筋を貫通し,大腿へ至ります。

 

つまり、内閉鎖筋・外閉鎖筋にて絞扼される可能性があります。
(もちろん別の部分の可能性もあります。)

 

特に、後枝は大腿内側から膝関節にかけて皮枝を出すことと、
膝関節後方関節包 に関節枝を出しており、関係性が強いのではないかと考えられます。

2

*ネッター解剖学アトラス 原書第3版より

 

 

こういった観点からも、股関節介入が膝関節へ影響を与えている一因子としてとらえることができます。

 

いかがでしたでしょうか?

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

追伸:

平野らは,股関節90 °屈曲位において,
【内旋を加えると外閉鎖筋が】【内転を加えると内閉鎖筋が】強く伸張されたと報告しています。

これらの動きで、症状が再現されれば問題点の1つとして考えられそうですね。

 

参考文献:

1)ジャン=ピエール・バラル / アラン・クロワビエ 共著:
新マニピュレーション・アプローチ<下肢> 科学新聞社 2014年

2)F.H.ネッター著:ネッター解剖学アトラス 原書第3版 南江堂2004年

3)稲葉将史ら著:正座時の膝痛および可動域制限に閉鎖神経障害の関与が考えられた一症例
         第49 回日本理学療法学術大会

 

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////
IAIRのテクニック、体験したことがありますか?
【膝疾患に確実に対応できる技術集セミナー】
・東京  2016年6月18日 10:00~16:00
>>> http://irajapan.jp/knee/

【新人でも結果が出せるようになる触診セミナー 下肢編】
・東京  2016年8月20日 10:00~16:00
>>> http://iairkanto.jp/touchlower/

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 
 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す