第三回IAIR学術大会10/28.29

認定講座受講、その前に!(02)

IAIR認定講座受講その前に

FROM:IAIR関東支部代表 齋藤 信

shutterstock_78230140

みなさん、こんにちは。

毎週月曜日のお昼に、IAIR関東認定講座情報をお知らせしています。

関東支部のテーマは【共育】!
独りで学ぶのではなく、一歩でも、一秒でも先を歩いている仲間同士で、ともに成長する。
今年をそんな一年にしていきましょう!

 

■「認定講座受講、その前に……(02)」

現在では、のべ1万人以上の方が全国で受講された認定講座。

ですが……

  • 何から受ければいいのかわからない!
  • 経験年数が浅くてもできますか?
  • IAIR会員ってなに?
  • 受講料はどのくらいかかるの?
  • まとめ払いやクレジット対応してくれるの?
  • 紹介特典って?
  • 強化学習って何?

などなど、様々な相談をいただいております。

 

今回は「経験年数が浅くてもできますか?」について説明します。

 

回答はシンプルです。

できます!

理由は3つあります。

  • 理由1:国家試験合格レベルでの解剖学の知識があればOK!
  • 理由2:20年選手の人もスタートラインは同じ!
  • 理由3:毎年200人(関東のみ)の新人さんが習得している!

 

 

それぞれ解説します。

理由1:国家試験合格レベルでの解剖学の知識があればOK!

 IAIRのテクニックの基本コンセプトは、「人をみる」ことにあります。
人体の基本であり、地図となる「筋骨格系の解剖学」の原則に則って行うため、療法士の国家資格を持つ方でしたら、十分習得可能です。受講前に予習項目や、解剖学のチェックポイントをお伝えします。当日は解剖に則った触診のポイントもあわせてお伝えしています。

 

理由2:20年選手の人もスタートラインは同じ!

 どんなに経験年数を重ねていたとしても、現場で関わる患者さんによって、蓄積した知識、経験はそれぞれ異なります。なので、新たなことを学ぶ段階では、経験年数は関係ありません。誰もがスタートラインは一緒です。齋藤を例にすれば、10余年も精神科病院で作業療法をしており、触診を伴うリハビリアプローチを全くと言っていいほど行ってきませんでした。ですが、IAIRの学習カリキュラムに則って半年間学んだことで、IAIRのインストラクターとなり、現在では関東の代表を務めるに至りました。これは齋藤が凄いのではなく、IAIRの学習カリキュラムが凄いんです。僕も含め、10年以上の経験をもつ先生方が言う感想に、「新人のうちに知っておきたかった」という声があります。

 

理由3:毎年200人(関東のみ)の新人さんが習得している!

 新人〜3年目までの方で、IAIRの新人セミナーを受講されている方は毎年約200名超。
その皆さんが、受講された日のうちに、確実に結果が出せるテクニックを習得されています。もちろん、その後のご本人の練習があって初めて身についたと言えます。そのために、IAIRでは学習後のフォローアップのため、復習のチェックポイントや、現場で使うにあたってのQ&Aにお答えしています。
各支部ごとのFacebookコミュニティに参加していただくことで、よりスムーズな対応ができます。
講義を受講したらそこで終わりではありません。継続学習をしていくことで、確実な習得を実現していきます。

 

どうでしょう?
それでも心配! とおっしゃるなら、以下の講座をお勧めします。
これらは、臨床3年目までに学んでおきたいリハビリの基礎コースです。
まず、試してみたい! という方にオススメです。

あなたと共に学べる日を楽しみにしております。

臨床共育メンターTM齋藤信
IAIR関東支部代表 齋藤 信

 

【本日のまとめ】

Q:経験年数が浅くてもできますか?

A:これまで毎年200人超の新人さんが結果を出せるようになっている実績があります。
  解剖の基礎的なアプローチ法からお伝えするので、経験年数が浅くても習得できます。

 

 

追伸 1

学生さんにとっては、国家試験へのラストスパートですね。
僕ら先輩療法士は蔭ながら応援するだけ。
そして、就職受け入れの準備をするだけですね。

 

追伸 2

今後の認定講座の日程を公開します。
今のうちから予定を空けてお待ち下さい。
長いセラピスト人生の中で一番集中し、学び多き年になりますように。。。

 

B-class認定講座情報(第7期)

*申し込みは少々お待ち下さい。

(認)B-class 筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法

定員 40席
骨盤申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=17
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/pelvis/
日時:骨盤1 2017年5月14日(日)   9:30~16:30
   骨盤2 2017年6月10日(土) 10:00~16:00



(認)B-class リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱の評価と治療
定員 40席
脊柱申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=18 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/spinal/
日時:脊柱1 2017年6月11日(日)
   脊柱2 2017年7月8日(土)



(認)B-class 頸部体幹治療の為の筋膜テクニック、軟部組織テクニック
定員 40席
筋膜申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=19
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/fascia/
日時:筋膜1 2017年7月9日(日)
   筋膜2 2017年9月9日(土)



(認)B-class 臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストtune upセミナー
定員 40席
TUNE UP申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=22 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/tuneup/
日時:TUNE UPセミナー 2017年8月19日 10:00~16:00



(認)B-class 評価と治療の為の触診”達人のタッチ”
定員 40席
触診申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=23
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/touch/
日時:触診セミナー 2017年8月20日 10:00~16:00



(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価と治療
定員 40席
上肢申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=20
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/upperlimbs/
日時:上肢1 2017年9月10日 9:30~16:30
   上肢2 2017年10月7日 10:00~16:00



(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価と治療
定員 40席
下肢申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=21
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/lowerlimbs/
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

 

B-class検定試験
検定申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=48
詳細ページ http://irajapan.jp/basic12finished/
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

■A-class講座(第6期)

(認)A-class 頭蓋仙骨治療1・2
開催日:2017年2月11日(土)
    2017年2月12日(日)
時間:10時00分~16時00分
会場:成増アクトホール 5F和室【板橋区成増3-11-3-405】
   http://ticket-search.pia.jp/pia/venue/venue_access_map.do?venueCd=NRAH
詳細:http://iairkanto.jp/seminars/nintei/basic3-2/ 
申込:https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=26

  
 

(認)A-class 頭蓋仙骨治療3
開催日:2017年3月11日(土)
時間:10時00分~16時00分
会場:板橋区グリーンホール 504会議室
詳細:http://iairkanto.jp/seminars/nintei/basic3-3/ 
申込:https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=28

 

(認)A-class 内臓の解剖と触診
開催日:2017年3月12日(日)
時間:10時00分~16時00分
会場:板橋区立グリーンホール 504会議室
詳細:http://iairkanto.jp/seminars/nintei/oriental-medicine/ 
申込:https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=30

 

(認)A-class 統合医療基礎講座
開催日:2017年4月8日(土)
時間:10時00分~16時00分
会場:成増アクトホール 5F和室
詳細:http://iairkanto.jp/seminars/nintei/iim/
申込:https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=31

 

(認)A-class 統合医療基礎講座
開催日:2017年4月9日(日)
時間:10時00分~16時00分
会場:成増アクトホール 5F和室
詳細:http://iairkanto.jp/seminars/nintei/aclasstest/
申込:https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=81

 

新人のうちに知っておきたい4つの講義とは?

IAIRでは自信を持てる、習得率の高いセミナーを開催しています。 

【新人の触診に対する苦手を解決するセミナー】
東京 2017年2月18日(土)10:00~16:00
>>>http://iairkanto.jp/seminars/nintei/touchbeginer/

福島 2017年2月25、26日
>>>http://iairtohoku.jp/seminar

名古屋 2017年2月26日(日)
>>>http://iairtokai.jp/fe-touch/

【臨床3年目までに知っておきたい結果の出せるテクニック集】
東京 2017年2月19日(日)10:00〜16:00
>>>http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

【臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法】
東京 2017年3月18・19日 10:00~16:00
>>>http://iairkanto.jp/semiother/iairgate/

【作業療法士のための脳科学に基づいたアクティビティ構築講座】
東京 2017年4月15日・16日 10:00~16:00
>>>http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

【疾患別講義】
北陸 膝関節の症状に対する統合的アプローチ 2017年2月19日
>>>http://iairhokuriku.jp/knee

 

講義は全国で展開中!

IAIRは全国で講義を開催中です。
お住まいの近くでIAIRの講義を受講したい方は、以下のリンクより日程をご確認ください。

東北:https://iair-member.jp/touhoku/html/ 
関東:https://iair-member.jp/kantou/html/ 
北陸:https://iair-member.jp/hokuriku/html/ 
東海(本部):https://iair-member.jp/toukai/html/ 
関西:https://iair-member.jp/kansai/html/ 
九州:https://iair-member.jp/kyusyu/html/ 
ILPT:https://iair-member.jp/ilpt/html/ 
※DVDご購入者は「東海(本部)」からお願いいたします。

 

 
IAIR認定講座受講その前に

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。