IAIR関東学会【春の陣】4/29.30

あなたにとって、OTってなんですか?

はじめまして、
この度、IAIR関東支部の新アシスタントのM(諸事情で名前は伏せています)です! 
現在、6年目の作業療法士です。

このメルマガを読んでいる方で
このような悩みを抱えた方はいませんか?

・ 今後、どうすればいいのか不安を感じる
・   根拠が説明できない治療やアクテビティを行っている
・ 職場の同僚に劣等感しかない

ちなみに、
   これら全てはIAIRに出会う前の私です・・・

a0002_008024

 

IAIR受講前は、

     患者様の目標はおろか、評価すらままならず、
     治療はその場しのぎ、毎日が後悔の連続でした。

 

 

そんな中で、

   同期はどんどん効果や成果を出していました。

 

対照的に私は

   患者様への申し訳ない気持ちが増し
 劣等感を感じ続けていき、
 今後に不安ばかりが募る中で、
 何もできない日々を送っていました。

不安な日々を過ごす中、
IAIRのセミナーに出会いました。

初め、案内に美辞麗句も多く、『ここに載っていることは本当なのか』と感じました。 

 

もちろん、不安はありました。
しかし、受講内容に興味を惹かれるものも多かったのも事実。
一抹の不安と期待を持ちながら、受講を決めました。

IAIRを受講する中で、少しずつ私自身の変化に気づきました。

 ①自分に自信が持てた
 ②学び・意欲の変化した
 ③物事の捉え方・考え方が広がった

この3つが出来たことで、さらに臨床の場で余裕を持つことが出来ました。

その結果、その人に必要な治療に臨むことができるようになりました

そして、IAIRに通う中で、あるケースに出会いました。

 

そのケースは、社会的因子から疾病・疾患の発症・増悪を招いていました。
加えて、心理的なストレスも強く、その心の負担が身体の不調へとつながる悪循環を引き起こしていました。

このつながりは、IAIR受講前では気付くことが出来なかったと思います。

そして、気づくことが出来たからこそ・・・

ケースの問題点を

   生き方や生活に沿って考えることができ、
   合理的な解決策を立て、
   よりよい生活を模索することができました。

その結果、病前以上に活動的な生活を獲得し、住み慣れた地域に帰られました。

そして、なにより・・・

  病前から行きたかった家族のお墓参りが出来た

   と報告を受けた時には目頭が熱くなりました。

 

   このとき、OTとなって本当によかった、と感じました。

a0002_004943

 

こんなダメだったOTだからこそ『OTでよかった!!』と伝えられるセミナーがあります。

 

昨年、大好評を頂きました。OT限定セミナー
OTの人たちに自信を持って作業療法が実施できるよう、作られた内容です。
作業療法の脳科学的なお話ももちろん、作業療法をどうすればより効果的にするかのお話もします。
【OTのOTによるOTのためにセミナー】
11月5・6日(土日)
東京メディカルスポーツ専門学校
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す