第三回IAIR学術大会10/28.29

【目考!リハ科経営塾】あなたのリハ科にオンリーワンはある?(50)

From:IAIR-GM 齋藤 信

他にない存在

「あ、ちょっと!え~とリハ科の人!」

「ほら、OTさんきたよ。準備しなさい!」

「彼女、なんて言ったっけ?PTの彼女!」

 

突然ですが、あなたは患者さん、ご家族、他職種の方に名前で呼ばれていますか?

 

がーん!

な、なんてこった!

残念極まりない!

もしかして、こんな体験僕だけ?

 

いや、まあ、それだったら逆に凄いですけど、どうです?
個別にきちんと認識してもらえているでしょうか??

 

そう、実はこの質問。

先週開催したサイトーゼミ……自己ブランディング講座の本質に迫る質問なんです。

 

「え? ブランディング? なにそれ、美味しいの?」

 

そんな反応の方がほとんどだった事でしょう。

ええ、かなりオイシイです。

 

特に2000年以降のこれからの時代、インターネットの登場により情報や知識が無料で、時間や空間すら限りなく0に近づいています。
グーグル先生に質問(検索)すれば、どんな知識も無料で手に入るのが現代なんです。
ちょっと勉強すれば、知識が手に入る。
最先端技術などを持っている、伝えられる人がもてはやされましたが、今や情報を伝えるだけではグーグル先生以上の価値が得られないんです。

 

つまり、オンリーワンな存在になろうとした時、知識や技術だけでは注目されない時代なんです。

 

 

あらためまして、こんにちは。
IAIRグランドマネジャーの齋藤です。
リハ科の経営や管理について考える土曜日。
土曜の仕事終わりに読んで一週間を反省し、翌週の月曜日に備える次世代リーダーコラム。
目考!リハ科経営塾の開講です。

 

今日のテーマは【オンリーワン】

 

ということで、話を戻しますと……

オンリーワンを実践すると、どんなイイ事が起きるのか??

 

事実、IAIRに来る療法士の皆さんは、受講して何を得ているのか?

 

それは……
結果を出す体験であり、確実に成長できているという実感なんです。
技術習得を通じて、自身が成長していく階段を上っている成功体験なんです。
だから、IAIRは支持されているんです。
練習生さんたちの成長こそが「価値」なんです。

 

それこそが、自社のブランド化。

 

そして、それを療法士個人やリハ科に応用したのが「自己ブランディング講座」だったのです。

 

さあ、ここで改めて質問です。

「あなた、またはあなたのリハ科には、どんな特徴がありますか?」

あなたに今、考えていただきたいことは、あなたやあなたのリハ科がオンリーワンな存在かどうか、なのです。

 

僕自身の話ですが、リハ科の長をしていた時には「ウチの病院のリハ科を地域一番のリハ科にする」と言っていました。

 

  • 「◯◯先生のいるリハ科だからリハビリに出たい」
  • 「他の病院ではやっていないリハビリだから◯◯病院に行きたい」
  • 「◯◯と言ったら、◯◯病院の◯◯先生だよね」

 

ウチのリハ科のスタッフにはこうなって欲しいという想いから、研修にはリハ科売上の5%はつぎ込んでました。(当時は一般的なリハ科の年間の備品購入等とほぼ同額ですが、今はどうかな?)

 

さて、予算などの与太話は置いておくとして、あなたはどうですか?
なたのリハ科はどうですか?

ただ漫然と毎日の業務をこなすだけの、ロボットのような療法士になっていませんか?

このままじゃ、あなたやあなたのリハ科が一山いくらのコモディティ化してしまいますよ。

 

「は? 別に資格があるんだから、クビにはならないし、そんな面倒なこと考えたくないし……」

 

このセリフ、現在15年以上経験がある人の言葉です。

同じ世代の方たち……いわゆる療法士バブル時代の人には、全くと言っていいほどにピンと来ないようです。

確かに、遥か10余年前。
僕も週1日7時間のバイトで4万円とかもらっていたことがあります。

そんな時代に就職した人にはピンと来ないのも仕方ありません。

 

 

だったら、若者の邪魔だけはしないでください。
今の若手は、学生時代に教員から「これからは大変な時代」と脅かされて就職しています。
夢や希望と一緒に危機感をたずさえて、あえてリハビリ業界に入ってきたんです。

そんな、やる気溢れる若者達の邪魔だけはしないでください。
足を引っ張る経験者ほど見苦しいものはありません。

若手がこの先のリハビリ業界を担うんです。
若手があなたのリハ科に価値を生み出すんです。

新しい時代に乗り切れないなら、オンリーワンを見つけ出して、リハ科に貢献する若手のサポートに回りましょうよ!

 

これまで以上に、個人の能力や、個人のもつ天才性を引き出し、リハ科を特徴づけることが求められます。

 

想像してみてください。

この先、リハビリの診療報酬全てが包括になったときの事を……
その時、あなたまたはあなたのリハ科が他にはない特徴を持っているのか、いないのか?
その両方の未来を想像してください。

どちらの未来に、あなたは進みたいですか?

 

 

もう、答えは決まりましたよね。

 

 

 

と、いうことで……
土曜日は〝目的から考える〟リハ科経営のヒントをお伝えしています。
2015年、あなたのリハ科をより活力ある組織にするために、目考!リハ科経営塾・セカンドシーズンでは、組織=人というコンセプトを加えてお伝えしています。

次回からもお楽しみに!

齋藤信2015
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸 1
オンリーワン化を受講生と考えたところ、なんと!
7月のサイトーゼミは先週受講した人達とだけで行うシークレットセミナーとなりました。
そのなかで……秘密でオンリーワンな内容を一緒にガッツリと作っていく事になりました。
そろそろ、ゼミ生が僕の代わりに講師となる日も近そうです。

 

追伸 2
サイトーゼミ・webスクール【セルフマネジメントマスター講座1】
直接セミナーには出れないけど、動画講座でいつでもどこでも受講できます。
受講タイミングが合わなかった方はこの機会にご参加下さい。
>>> http://saito-makoto.jp/elearning/

 

追伸 3
エンタメプレゼンセミナー開催します!
最寄りの開催地区情報をチェックしてください。
東京2期、大阪1期を開催します!
・東京 第2期 7月25、26日(残席5)
・大阪 第1期 9月21、22日(残席6)
詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/entame01/

 

saitosemi_el06
 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。