管理職養成12回コース

【目考!リハ科経営塾】将来が決まる決定的な数字(48)

cropped-saitosemi_el04.jpg

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

リハ科の経営や管理について考える土曜日。

土曜の仕事終わりに読んで一週間を反省し、翌週の月曜日に備える次世代リーダーコラム。

 

あらためまして、こんにちは。

IAIRグランドマネジャーの齋藤です。

 

前回は3Sについてお話ししました。

標準化(Standardization)、単純化(Simplification)、専門化(Specialization)その頭文字をとって3Sでしたね。

shutterstock_275417072-2

早速見直してみましたか?

って、おそらく80%の方は、「ふーん、為になったな」で実践していないことでしょう。

これは予言ではなく、統計。残念な話ですけどね。

 

もしリハ科経営に点数をつけるとしたら、実践した20%の人が得点の80%を占め、実践しなかった80%の人はその残りの点数しか得られないということ。

全く残念な話だと思いませんか?

 

例えが悪いかな?

 

リハ科で業務改善をしようとすると、1ヶ月のうち8割の時間をかけた取り組みにより、2割の時間削減の成果が上がります。

結果、2割の時間が得られたことで、先1年の8割の業務を見直す時間が得られます。

 

そう、あなたがやりたがらない業務改善は、未来への投資なんです。

shutterstock_220451908-2

「スタッフに忙しい時になんでするかな~」と陰口を叩かれても大丈夫。

足元や目先の時間しか見えていないスタッフが8割です。

足元を確認し、将来を見て仕事ができる2割のスタッフから協力が得られればいいんです。

リハ科の運営方針や決まりごとの決定が、少ない人数で決まることが8割です。

逆に、全員の賛同を得ようとしている2割の案件は、いつまでも決まらないでいることでしょう。

 

 

さて、色々例を出してきましたが、心あたりばかりかな?

80:20の割合で様々な出来事の要素が見えてきます。

今、まさにするべきことは、あなたのリハ科や、あなた自身の将来の為に、一体何に情熱を傾けているか……

それを是非みつけてください。

 

おそらく、たくさんのやりたい事があっても、できるのは2割ほど。

その2割に情熱の8割を注ぐことで、将来手に入れる成果が大きく変わってきます。

shutterstock_114506380-2

これから、あなただけの時間のうち、8割の時間を使って、

100個やりたいことを書き出しましょう。

そのなかから、共通項を探していくと、20個程に絞られます。

さらにその20個から4個まで絞り、実行可能な1を導き出しましょう。

 

さあ、週末です。

明日1日予定がなければ、時間をとってチャレンジしましょう!

 

先の将来の8割を決定づける貴重な時間になるかもしれませんよ。

 

と、いうことで……

土曜日は〝目的から考える〟リハ科経営のヒントをお伝えしています。

2015年、あなたのリハ科をより活力ある組織にするために、目考!リハ科経営塾・セカンドシーズンでは、組織=人というコンセプトを加えてお伝えしています。

次回からもお楽しみに!

齋藤信2015
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸 1

ちなみに、今回僕が時間をかけて挑戦しているのはコチラ。
サイトーゼミ・webスクールです。
31日までの期間限定で無料公開します。
6月1日からは定価2970円の受講料が発生します。
この機会にご参加下さい。

>>> http://saito-makoto.jp/elearning/

 

追伸 2

今回のように、自分自身について考える時間を一緒にとりませんか?
6月6日、7日に自己分析&自己ブランディング講座を開催します。
将来を決定する2日間になることをお約束します。

>>> http://saito-makoto.jp/saitosemi/ 

 

追伸 3

名古屋開催は明日24日。エンタメプレゼンセミナー開催します!
他の地区の情報もチェックしてくださいね。
東京2期、大阪1期を開催します!
・東京 第2期 7月25、26日
・大阪 第1期 9月21、22日

詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/entame01/

 

 




 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。