第三回IAIR学術大会10/28.29

【目考!リハ科経営塾】リハビリの価値はなんですか?(38)

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

国際統合リハビリテーション協会

グランドマネジャーの齋藤信です。

 

最近、動画からの~メルマガ!

という流れになっていますが、どうでしょう?

 

楽しんでいただけてますか?

もちろん今回も動画クイズからです!

少々考えていただく内容になってますよ!

 

 

あなたは、リハビリ部門の部長。

年度の変わり目、4月からのリハ部の目標が決まっていない。

目的がブレている事にきづいたあなたは、

慌ててドラッカーのマネジメントを読んでいる。

ドラッカーは言う。

あなたのビジネスの価値はなんだ?

愕然としたあなたの心に繰り返し響く。

自分のリハ部の価値とはなんだろう?

リハビリの価値とはなんだろう??

リハビリの何を患者さんは価値と見るのだろう???

さあ、あなたの解答はいったい何?

 

 

毎回、悩ましい質問ばかりで申し訳ない。

ですが、多くの療法士が勘違いしていることです。

 

こんな勘違い解答をした人は、ダメダメ!

  • リハ部の価値とは、「リハビリを提供すること」である。
  • リハビリの価値とは、「患者さんによくなってもらうこと」である。

 

リハビリを提供することは、価値を提供するための行動であって、価値そのものではないです!

 

じゃあ、患者さんによくなってもらうことはどうなのか?

大目にみて半分正解。

 

スローガンが欲しいわけではありませんからね。

しかも一般論になっていて、具体性が足りないかな。

 

ここで注目すべきは「あなたのリハ部」

 

コレがキーワードです。

 

その前に思考のワンポイントレッスン!

実はわざと「リハビリの価値とはなんだろう??」を挟んだことで、あなたの抽象度が一段上げてしまいました。
そのため、抽象度が高いまま大きな枠で考えていたんですね。
よくある落とし穴ですので、今のテーマはどの視点で考えるべきか、を忘れずにいてくださいね。

 

はい、あなたのリハ部という視点で考えると、
実は僕から提供できる正解はなくなってしまいます。

 

というのも、
価値を決めるのはあなたの患者さんであって、
僕の患者さんではないから。

 

え?

じゃあ、この先は考えるのを丸投げですか??

 

な~んて、慌てないでください。

 

手順をお伝えしておきます。

今回すんなりとあなたのリハ部の価値について答えられたというなら、
確認の意味を込めて行ってください。

 

手順1:あなた自身が思うあなたのリハ部の価値を書き出す。(経営者視点)

手順2:あなたのスタッフにリハ部の価値を書き出してもらう。(現場視点)

手順3:患者さんにインタビューやアンケートをし、リハ部に感じていることを聞き出す。(顧客視点)

手順4:全ての情報から、最も多く出てきたキーワードを抽出する。

手順5:それを提供することで患者さんがどんな得をするのか?価値を感じるかを分析する。

手順6:その方針をもとに3ヶ月~半期間実践し、反応をみる。

手順7:1ヶ月毎に得られた反応の評価をし、調整する。

手順8:必要に応じて1に戻る。

手順9:あなたのリハ部の軸になることとして明確化されたら、決定。

 

といった流れです。

 

いいですか?

最後に注意点です!

 

必ず、全員で行ってください。

 

常に全員参加という意味ではなく、
同じ方向に向かっていることを
確認しながら行っていきましょう!

 

それができれば、同時に
あなたのリハ部の土台が
何でできているかに気づけますよ!

 

さあ、是非、考えてみてください!

 

あなたのリハ部の価値と
あなたのリハ部だからこそ、
あなたの患者さんに提供できている
価値を見つけてくださいね!

 

と、いうことで……

土曜日は〝目的から考える〟
リハ科経営のヒントを
お伝えしております。

2015年、
あなたのリハ科を新生する話題を
ガンガンお伝えします。

 

次回もお楽しみに!

齋藤信2015
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸 1

IAIRの価値は何かって?
それは、患者さんの為に確実な結果が出せる療法士を育成すること。
一言で言うなら「成長の提供」です!

 

追伸 2

臨床教育をCHANGEする!

僕が繰り返し言ってきたこの
チェンジを実現する準備が
ようやく整ってきました。

もちろん、IAIRの理念でもある
成長の提供をより促進させる為のものです!

>>> http://saito-makoto.jp/

 

追伸 3

サイトーのセミナーラインナップを紹介しておきます。

・4月4日(土):マインドマップ入門(東京)
  詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/seminars/midmap01/

・4月5日(日):カリスマ講師養成クラブのメソッドを療法士に活用する方法(東京)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/saitosemi/  

・5月3、4日:エンタメプレゼンマスター講座(仙台)
  詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/entame01/ 

・5月5日(火):マインドマップ入門(仙台)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/mindmapsendai/

・5月6日(水):脳と学習のメカニズム(仙台)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/potbm/

・5月16日(土):精神科OTのための身体アプローチ入門(東京)
  詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/seminars/potbody/

・5月17日(日):精神科OTのための脳内セロトニン活性集団療法入門(東京)
  詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/kokoroex01/ 

・6月20日(土):脳と学習のメカニズム(東京)
  詳細はこちら >>> http://saito-makoto.jp/potbm/

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。