第三回IAIR学術大会10/28.29

気持ちが動くリハ科じゃねーだろ!【目考!リハ科経営塾】(31)

気持ちが動くリハ科じゃねーだろ!【目考!リハ科経営塾】(31)

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。齋藤信2015

国際統合リハビリテーション協会

グランドマネジャーの齋藤信です。

 

ところでみなさん!

 

最近、感動しましたか?

僕は、ある出来事がキッカケで……

 

ドギャーン!

ジャジャーン!

ズババーン!

 

と、普段なら絶対口にしない効果音を付けたくなった体験をしました。

 

そう……パラオ……

 

 

では無いんです。

 

 

 

チャララッチャチャーン!

まことのれべるが9あがった!

 

 

そう……

北海道での修行の結果、講師としてのレベルが一気に上がっちゃいました。

その何が感動したって、レベルが上がった事よりも、

身につけた9つのスキルを皆さんに教えて、

プレゼンテーション力が上がった療法士達が

リハビリ業界を変えていく……

そんな姿が想像出来てしまったんです。

 

 

ふふふ……

 

 

本当にこれは強力!

今年の僕のグループコンサルやコーチングが

飛躍的に面白くなるぞう。

 

 

とまあ、今、僕はかなりワクワクしています。

今までも、マイナスから出発していただけに、

人生が楽しくならないワケが無い!

 

と信じて来ました。

ですが、それは嘘だった事に気付きました。

僕の人生はまだまだ、もっともっと面白くなるんだ。

そう確信出来ました。

 

 

心が動く……

それ以上に価値のある体験はありません。

 

 

ですが、ここでふと現実を考えてしまいました。

リハビリ業界……いやいや、医療業界全体を見渡した時……

感動する事って、あるのかな?

 

学生さんが感動して涙し、早く療法士になりたい!

 

そう想いを新たにする臨床実習を経験しているのかな?

 

近年、臨床実習で訴えられるバイザー、

悲しいことに命を自ら絶って仕舞う学生さんがいる時代。

 

 

本当に、それで良いのか????

 

 

バイザー諸氏だって、

夢や希望があって、リハビリの道を志したんじゃないの?

そんな夢を信じていたあなたが、

学生さんの熱い想いを煙たがるの?

 

おかしいでしょ!

 

患者さんが本気になってリハをしてくれない?

そりゃあ、そうでしょ!

 

斜に構えて、理論武装して、

若者一人のケツも持てない療法士が、

人生経験豊富な大先輩のリハビリなんて、

できるワケがない。

 

本気になれない療法士。

患者さんに良くなってほしいって気持ちが

伝わるワケがない。

 

心が動く。

自分自身が感動しなければ、

何も伝わらない。

 

そんな当たり前のことに

今更ながら気づきました。

 

さて、今回は僕の気持ちが先走った内容になってしまいました。

 

一言でまとめるなら、

あなたのリハ科は気持ちが動く

リハビリをしていますか?

 

という、問題提起です。

 

これから先、みなさんと一緒に考えていきたいテーマです。

 

ぜひ、考えてみてください。

 

あなたのリハ科は心が動くリハ科ですか?

 

 

IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

2005年に作業療法塾を始めた頃、

もっと気持ちがアツかったよな。

初心に帰ったからには、

今年の僕は最強ですよ(笑)

 

 

追伸 2

そこまで凄い研修を受けてきたの?

って思いました?

ふふふ。エンタメプレゼンって講義法ですが、

感動するパワポはジョブスの専売特許じゃないことを

お伝えできます。

 

 

追伸 3

ちなみに、入門講座を3月にやっちゃいます。

名古屋開催 : 2月28日、3月1日(定員8名が満席になれば開催します)

東京開催  : 3月21日、22日(定員に満たなくとも開催します)

仙台開催  : 5月ゴールデンウイーク開催予定

申し込みはコチラ >>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UAbGaxg

 

 20150131_02

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。