第三回IAIR学術大会10/28.29

療法士管理職最大の罠?【目考!リハ科経営塾】(28)

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。管理職の鉄板十則

IAIR グランドマネジャー齋藤 信です。

「グランドマネジャーってどんな仕事をしているんですか?」

と質問されますが、やっていることは一つです。

 

〝業務の効率化を実現する〟

 

その為に、いろいろな手段がある、って事ですね。

 

全てのマネジャーが知っておくべきことですよ。

 

マネジャーのお仕事は、

〝自分以外の人材に効率的に仕事を振ること〟

に尽きます。

 

とはいえ、それが出来ないのが、療法士の管理職です。

 

理由はシンプル。

 

療法士だから。

 

専門家意識、職人意識が抜けないまま、
管理職を兼務している現場がほとんど。

 

僕はこのやり方、ダメだと思います。

 

管理職は管理職という職業です。
療法士じゃないんです。

 

療法士>管理職 なのか?

療法士<管理職 なのか?

 

療法士の意識が強いと、
管理職として判断できなくなります。

 

近くにいませんか?

  • 何でも自分で行って、部下に一切させない人。
  • 部下に期待するのは、自分と同じ水準の仕事。
  • 具体的な説明もせずに、分かれよ!と怒る人。

全部職人意識のあらわれです。

 

管理職は仕事を部下に振って、
部下の成果を上げてこそ、
管理職の評価につながります。

 

全部自分でやってる管理職は、
管理職の点数としては0点ですね。

 

事実、僕もそうでした。

 

管理職になったばかりの頃は
権限と権力を持て余してましたから。
自分でやっちゃえ!みたいな。

 

でも、それは自己満足であって、
全く組織の事を考えちゃいないですね。

 

そこに気づいてからは
改めましたよ、ええ。

 

そこで、ちょっとだけ仕事チェックしておきましょうか!

  1. □ 仕事を他の人材にさせているか?
  2. □ あなたの関心は仕事の効率性に向いているか?
  3. □ 組織体制に焦点を当てて仕事をしているか?
  4. □ 収益も含めて仕事を組み立てているか?
  5. □ 手順やスケジュールを決めて仕事をしているか?
  6. □ 将来起こりうる事態を予測しているか?
  7. □ 組織、メンバーの行動をまとめているか?
  8. □ 人材の適材適所を考えているか?
  9. □ 作業に没頭しないと決めているか?
  10. □ 時間配分が、治療<管理業務になっているか?

さあ、1個10点であなたは何点???

 

 

と、いうことで……

土曜日は〝目的から考える〟

リハ科経営のヒントをお伝えしております。

 

2015年、あなたのリハ科を
新生する話題をガンガンお伝えします。

次回もお楽しみに!

 

IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸

齋藤オススメの思考ツールをインストールする
セミナーが、いよいよ開催間近です。

1月31日(土) 超実践!マインドマップ入門講座
>>> http://iairkanto.jp/?p=1089

2月1日(日) 第二期マインドマッププラクティショナー養成講座
>>> http://iairkanto.jp/?p=1077

 

追伸 2

 音声でも聴けます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。