第三回IAIR学術大会10/28.29

先送り療法士の前倒し仕事術【目考!リハ科経営塾】(13)

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

関東代表齋藤信03今日1日働いてみて、

予定していた仕事は

全て終わりましたか?

 

あ、もちろん、

通常業務のことでは

ありません。

 

通常業務の隙間で行う

〝仕事〟です。

誰でもそうなのですが、

業務はすぐにこなせるけど、

仕事は先送りしがちです。

 

だって、業務はすることが決まってますけど、

仕事って、自分でつくっていくものですからね。

 

例えば……

  • ・会議や学会のプレゼン資料
  • ・業務を統一するための手順書
  • ・自分の目標設定書や計画書

などがそうです。

 

心当たりがあるのでは?

 

今回は、そんな先送りしがちな仕事を

先送りしない方法をお伝えします。

 

それは……

 

〝期限前倒し計画法〟です。

手順は7つ。

  • 1:期限の1日前に提出すると決める。
  • 2:現状を把握する。
  • 3:全てうまくいく理想の手順を書き出す。
  • 4:最悪の状況を想定する。
  • 5:うまくいった時のご褒美を決める。
  • 6:最初に行う事を決める。
  • 7:自分自身に同意する。

はい、コレです。

 

現実的だけど

ちょっと頑張らなきゃ

達成できない。

 

ってのが期限のポイント。

 

目的地を先に決めることで、

仕事がどこまで進んでいるのかが

途中で評価できるようになっています。

 

人が諦める理由の一つは、

理想と現実のギャップの大きさ。

これをいかに埋めるかが、

成功のカギです。

 

ぜひ一度実践してみてくださいね。

 

IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸

でも、この方法ばかり繰り返すと、

脳に悪影響が出ます。その理由は……

>>> http://iairkanto.jp/seminars/pot02/

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。