管理職養成12回コース

学生さんを有効利用する方法【目考!リハ科経営塾】(10)

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

あなたは学生指導を積極的に行っていますか?関東代表齋藤信03

 

以前より学校教員の悩みの種が、

臨床実習地の確保です。

 

病院勤務時代、

10数校から臨床実習を受けてきましたが、

ほとんどの学校が困ってました。

 

理由は、療法士たちが実習指導を嫌がるからです。

 

まあ、労力を考えると、

療法士個人の実入りが少ないですからね。

 

お金を基準に考える人なら、嫌がるでしょう。

 

何せ、1日の臨床実習指導費は、

  • 施設使用料:800円/1日
  • 臨床指導料:600円/1日

とかで高い方だったかな?

 

一度、もっと指導料を上げられないの?

と話したことがありましたが、

のらりくらりとかわされました。

 

まあね~

 

お金で計算すると、1単位20分80点(800円)より

安いですからね。

 

しかも、療法士がもらえない病院もあるでしょう。

 

実際、僕の部署では全額病院の収益にあげてました。

 

療法士には一銭も入らない状況です。

でも、一人当たり常に2名ほどの学生指導をしてもらっていました。

 

目的は、療法士個人の指導力向上。

あと、リハ科組織内のマニュアルや運用効率の悪さ加減の

バロメーターになってもらっていました。

 

療法士個人の指導力については言わずもがな、

臨床家をずっとしているからといって、

良い指導家足り得ません。

 

もともと僕の元上司の思想を

そのまま引き継いだカタチですが、

事実、僕自身がそうでしたからね。

 

少なくとも、お金をいただけるだけ

価値のあることを指導しているのか?

と常に考える機会にしていました。

 

 

そしてもう一つが重要。

リハ科組織内のマニュアルや運用効率の悪さ加減のバロメーター……

どういうことかといえば、

3週間ごと、2ヶ月ごとに入れ替わる学生さん。

 

常に新人が入れ替わり入ってくる環境ととらえ、

学生さんに理解すらしてもらえない業務状態では

新たに新人、新入職者が入ってきたとしても、

業務を覚えてもらえないだろう、と考えてました。

 

目指すは、マク◯ナルドなどファストフードチェーン店の

1週間で業務を覚えてもらうマニュアルと指導法の構築でした。

 

学生さんが来るたびに、

説明をしてわかりづらかった点を改善、

学生さんに確認しながら内容を調整。

 

それを繰り返していくことで、

シンプルな業務内容を作っていきました。

 

まあ、道半ばで僕が開業しましたので、

今はどうかわかりませんが……

 

このように、学生さんを有効利用することを

考えてみてはどうでしょう?

 

学生指導のなかから得られることって、

お金以上の価値があることばかりです。

 

辛いとか、面倒とか言ってちゃもったいないですよ。

 

IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸 1

まあ、当時僕も指導した分のお金が入ってきたら嬉しいよな、

と思っていました。

そこで僕がとった行動は情報発信して、自分の行動を記録すること。

その集大成が実はコレです。

 >>> http://otjyuku.net/

 

追伸 2

作業療法塾……とうとう来年で10周年です。

10周年の記念として、いろいろやろうと画策中です。

その第一弾は……1月4日(日)シークレットセミナーを開催します!

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evtmsum

スクリーンショット 2013-04-30 23.35.57
 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。