管理職養成12回コース

勉強好きvs目的型勉強家【目考!リハ科経営塾】(06)

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

他の業界の人と会うと、いつも感心されることがあります。関東代表齋藤信03

それは〝療法士はもの凄い勉強家だ〟ということ。

一般のサラリーマンや、職業人と比べて、

勉強にかけるお金と時間の割合が大きいそうです。

 

一般的に自己投資にかけるお金は

月給の5%と言われてますが……

さて、あなたはどの位かけているでしょう?

 

 

療法士はその2倍……

10%ほどかけている方が多いようです。

 

 

ですが、なかにはそれ以上にお金をかけている方がいます。

 

 

問題は、その方達の傾向が真っ二つに

分かれているということ。

 

その二つとは、

  • ・勉強好きのノウハウマニア
  • ・目的にあわせ集中して勉強する目的型勉強家

の二つです。

 

 

ノウハウマニアは言わずもがな、

感情で欲しいと思ったノウハウに飛びつき、

いち早くその内容を知っていることに優越感を感じ、

一般化してくる頃には、別なノウハウに関心が移っている人。

特徴的なのは、ほとんどの方が消費的な学びになっているということ。

 

 

逆に、目的型勉強家は、

ある目的を達成するために、

一番マッチングするもの、

あるいはその関連する内容に

集中して学ぶ人です。

 

 

わかります、僕もかつては

ノウハウマニアでしたから。

 

 

勉強が楽しくて楽しくて

しょうがないときって、

ありますよね。

 

 

でも、それは目的が見つかるまで。

目的が見つからないうちは、目的を見つけるために、

様々な勉強をすることが大切なプロセスです。

 

勉強し、 選択肢が増え、自分で目的を選択できるようになったら、

勉強することが目的にすり替わっていないかを確認してみてください。

勉強のための勉強はノウハウコレクターを生み出すだけです。

 

 

目的にあわせて勉強をしていきましょう。

 

 

IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸

目考!リハ科経営塾の目的に関わるセミナーがとうとう今週末開催。

あと2名なら参加できます。

12月7日(日)2015年の目標&アクションプラン作成セミナー

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1113

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。