管理職養成12回コース

「初回の患者さんにやっちゃってますよ!」【目考!リハ科経営塾】(02)

相談

From:IAIR副会長 齋藤 信

 

管理職とリーダーの皆さん、

こんにちは。

 

本日の目考!リハ科経営塾は、
副会長 齋藤の日刊メルマガに登録していない方にも
配信しております。

 

日刊でどんなコラムが読めるのかよく分からない、
という方は、この機会にお試しで読んでみてくださいね。

 

さて、今日のテーマは、
目考!リハ科経営塾4本の柱の一つ……
経営についてお話しします。

 

お話ししますが!

最初に質問です。

 

Q 質問!

本日、初回の患者さんがやってきました。
あなたがこの患者さんに必ず行わなければならないことは
一体なんでしょう?

 

1分間考えてください!

 

 

 

《 1分経過 》

では、正解は……コラムのなかから読み取ってください!
読み終わった時、必ず正解がわかります!!

 

 

では、あらためまして、今日のテーマは、
目考!リハ科経営塾4本の柱の一つ……
経営についてです。

 

目考!リハ科経営塾では、
経営を考えるにはまず
人を知ることから始めます。

 

経営に関わる全ての問題の根底には、
対人関係があるからです。

 

人が何を考え、
どんな立場で行動しているのかを、
冷静に受け止め、
判断することが現場では求められます。

 

医療人がここでやらかしてしまうのは、
相手の立場よりも自分の要求を優先し、
感情的に大きな声でまくしたててしまう。

古株がやりたくない事を一切通さない。

 

そんな行動をしていますね。

 

相手を知ろうとせず、自分の要求を通す。

 

そんな旧い体質の医療に
限界を感じているのでは
ないでしょうか?

 

きっと、あなたの部下や同僚も、
同じことを感じているはずです。

 

そして、それがもとになって、
療法士個人個人がバラバラな行動を
している。

 

どうせわかってもらえないなら、
自分の仕事をこなすことに集中しよう、
ってね。

 

 

そこで僕が提案したいことが、

〝マーケティング志向〟

 

 

ここでよく勘違いされてしまうのが、

  • (×)〝マーケティング = 売り込み、物を売ること〟
  • (◯)〝マーケティング = 相手を知ろうとすること〟

なんです。

 

そう、ドラッカーの言う〝顧客を創造する〟ということ。

 

相手をよく知る事で、相手が必要としているものや、
ほしいものがわかるということなんです。

 

例えば……

あなたは、初回の患者さんに
まず何をするんでしたっけ?

 

間違いなく行っているのは、
〝初回面接〟ですよね。

 

実は言葉を知らずとも、
あなた自身が以前から行っていることそのものが、
〝マーケティング〟だったんです。

 

ですが、面白いことに、
いえ、残念なことに……
医療人同士は、それができていないんです。

 

 

そこで齋藤は考えました。
相手を知るための〝マーケティング〟
を療法士が学んだら、
リハ科経営はどう変わるんだろう??

ってね。

 

 

とは言っても、何から始めたものか……
ですよね?

 

もしかすると、患者さんの初回面接時のように、
プロフィールシートのようなものを
部下や同僚に対して持っていないからなのかな?

 

まあ、そこまでカチッとやると最初は疲れますから、
まずは、部下や同僚と昼休みに雑談をしてみては
どうでしょう?

 

部下に関心を持ってみることから始めていきましょう!

IAIR副会長 臨床共育メンター® 齋藤信
IAIR 副会長 齋藤 信

 

 

追伸

ええ、もう、真面目にマーケティングセミナーを考えてます。
8月19日(土)東京は板橋区で開催します!

マーケティング入門講座
療法士だから知っておきたい「マーケティング入門講座」解禁です。
これを知らずに管理職を名乗るのは、襤褸を着るより恥ずかしい事ですよ。
申込はコチラ>>>http://saito-makoto.jp/post_lp/th_marketing/

 

 

 
相談

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。